2015-04-23

icon_45_b.gif『くるすの残光 天の庭』読了。

聖遺物の十字架にサーフィン乗りしてる天海だったり
秘宝の守護者がなんとなくタタリ神(もののけ姫)っぽかったり
瀬戸内海で特撮感満載の海獣バトルだったり。
・・・・・
全部シリアスな場面なのに、脳内再生画像が至極残念なことに相成りました。

最終決戦、迫る!“三種の神器"“七つの聖遺物"をめぐる戦い――天海vs修道騎士の死闘に、山の民∞海の民≠ェ参戦。古(いにしえ)の力を得るものは誰だ!?
『僕僕先生』の著者が贈る、昂奮と感動の超絶忍法帖!(アマゾン・レビューより引用)
仁木 英之(著)『くるすの残光 天の庭』

シリーズ第4弾。
前作ラストで仄めかしていた通り、舞台は西国へ移ります。
寅太郎は依頼された庭造りの精神を学ぶため、
荘介は剣術師範として、ともに西国へ旅立ちます。
残りの修道騎士たちは江戸で留守番、のはずなんですが…さてさて。
一方の敵サイド。
自らの死期を悟った天海は、徳川の天下を盤石なものにするため
いよいよ最後の仕上げに取りかかります。
それはまつろわぬ人々、そして古の神の存在を消してしまうというものでした。
というか、聖遺物フルコンプする前に
三種の神器集めが始まってしまってますがそれは…。

その他、寅太郎のはじめて物語があったり
宗門改のがんばる新鋭・佐橋市正くんもこれまで以上に活躍していたり。
今作では、寅太郎に助力してくれる海の民が登場。
これまで出てきた山の民も同様ですが、
彼らの存在は読んでいてなんとも切ないですね。

ラスボス的立ち位置の天海さん、終盤で死んでしまってます
それでもまだなんとなく裏がありそうな気配が漂うのは、
この人の(歴史小説における)素行の悪さのせいでしょうか。

ここにきて聖遺物の新たな力が発動したのは良いのですが、
主人公サイドのキャラの死があったりもしているので素直に喜べません。
さらに後半の展開が非常に駆け足となっており
どどどどうなるのこれ…という感じで以下次巻。

次巻でシリーズ終わりかな?
posted by まるひげ at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時代・歴史モノ | edit | web拍手
icon_45_b.gifこの記事へのコメント
icon_45_b.gifコメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/417751425
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。