2014-02-18

icon_45_b.gif「軍師官兵衛」第7回感想。

前から思ってたんですが、岡田くんて叫ぶと何て言ってんのかわかんなくなる…。
官兵衛のキャラもあることだし、
もっとじとじとと冷静に説いてくれんもんかしら。

初っ端から信長包囲網解かれちゃってます。
まぁ、この大河で包囲網なんてあってないようなもんでしたが。

播磨では。
毛利の恵瓊じぃちゃんが官兵衛ん家に遊びに来たよ!
官兵衛とは腹の探り合いに終始し、
恵瓊じぃちゃんはまた近くの有力者たちの動向を探りに行く様子です、

あっさり浅井&朝倉に勝利した織田家では、秀吉が大名にレベルアップ。
初おね登場。黒木さん可愛いけど、ねねはもうすこし田舎者っぽい人が良いなぁ…。
つか、平手打ちにビックリした!

再び、播磨。
ここで子又兵衛初登場。
どうでも良いようで良くないことですが、年齢近すぎませんかこの二人…。
「もらいうけた」って犬猫扱いなのかまたべw
おぉ、さっそく又兵衛と長政の喧嘩が発生。
つか又兵衛ママっ子だったんか…。
カエルで仲直りの長政&又兵衛、非常にかわゆいです。

官兵衛嫌いの義姉も久々登場です。
早く二人目を!とありがた迷惑にもお札を持参。まだ引きずるかこのネタ。
さらに「南蛮渡来の秘薬です」って、エロ漫画じゃないんだから…。

恵瓊じぃちゃんの営業が功を奏し、周囲の地侍の皆様は毛利に流れるなか
黒田家の今後について家中で紛糾。
ひょこりとやってきた左京進は毛利推し。
織田推し…というより敵に回すには危険すぎると考える官兵衛に対し
「オメー、わかってるよな?」と言わんばかりに睨みをきかせます。お義兄さま、怖い。

織田につくか毛利につくか、小寺家の行く末を決める評定。
左京進の毛利推薦に皆が賛同するなか、
その場の空気を読めない官兵衛は、一人「織田につくべき」と発言し、場が騒然となります。
まるで土壇場で裏切られたかのようなあの大ブーイングは何なのでしょう。
アウェーな雰囲気にもめげず、
織田につくことの正しさを久々の「今回の一節」を引用して力説する官兵衛。
その姿のどこに心打たれたのか、
政職は小寺家の命運をあっさり官兵衛に預けます。
うーん、政職のツボよくわかりませんな。
評定やる意味あんまりない結果になってしまい、
左京進には親の仇を見るかのようなものすごい形相で睨まれます。お義兄さま、怖い。
これは政職悪いですね。
その後「ヤバくなったら官兵衛に責任押しつけちゃおう」発言で嫁にまで引かれる始末。

信長に会いに行く道中、刺客に襲われる官兵衛一行。
言わんこちゃない。
播磨に帰っても、小寺家中で官兵衛の居所なさそうな雰囲気ですな。
そしてついに官兵衛が信長に謁見し…というところで以下次週。

次回、「心 配 御 無 用 !」
posted by まるひげ at 20:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画、TV | edit | web拍手
icon_45_b.gifこの記事へのコメント
icon_45_b.gifコメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

軍師官兵衛 第7回「決断のとき」
Excerpt: 今回はなかなか見所の多い内容となりました。物語は安国寺恵瓊登場シーンから始まります。毛利家の使者としてやって来たのですが、山路和弘さんがねちっこくて、陰湿な演技を見せて視聴者を魅了します。このたった数..
Weblog: あしたまにあーな
Tracked: 2014-02-18 22:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。