2013-08-31

icon_45_b.gif『大坂将星伝(中)』読了。

今月の積読本消化1冊目。

前巻ラストの予告で勝永が三成を兄と慕う云々ってありましたが、
そんな雰囲気はありませんでしたぞ。

大にして、広き国―。大航海時代の世界を見つめた豊臣秀吉の国家構想のもとで、朝鮮出兵が始まった。だが、理想とは裏腹に、朝鮮の戦場は泥沼の様相を呈する。そして、夢を果たせぬまま秀吉が薨じたとき、巨魁、徳川家康が蠢動し、天下は再び風雲急を告げる(単行本より抜粋)。
仁木 英之(著)『大坂将星伝(中)』

中巻の内容は、肥後の国人一揆から関ヶ原の戦い終了まで。
メインは朝鮮出兵ですね。
関ヶ原の戦いはほんとにあっさりさっぱり終わります。

この巻で勝永は、自らの戦う意義を見出します。
秀吉の掲げる「大にして広き国」実現のため、
秀吉の死後も豊臣家を主として盛り立てていこうとする勝永。
さらに、朝鮮の戦場、関ヶ原の戦いを通じて多くの武将と出会い
それぞれが信じる志に触れることになります。
名護屋城下では真田幸村、木村重成との邂逅があり、
これで大坂の陣に関わりのある人物がすべて揃いました。

関ヶ原の戦いでは、勝永は序盤の伏見城攻めで戦功を挙げます。
ところが本戦では南宮山配置になってしまうので、勝永は出陣することなく敗走、
結果として領地の豊前国が没収され、土佐の山内一豊のもとへ身柄を預けられます。
終盤、戦は終わったのかと問うおあんに対し、
「終わらない、続いていく」(p.338)と応じた勝永の台詞が、
そのまま大坂の陣へと繋がっていく形で以下続巻。

キャラを見てみると…
なんだか、想像したよりお玉が勝永に突っかかっていかないな、と。
そして勝永の正室・おあんの出番がほとんどないな、と。
あとはオリキャラの朝鮮人・郭絶義がなかなか面白い立ち位置のおっさんでした。

秀吉の志を妄執と断じ「小にして厚みのある国」を築こうとする家康。
勝永と家康はこれまでは険悪な仲ではないのですが、
大坂の陣へ至るまでの勝永の感情の変化が楽しみです。
posted by まるひげ at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時代・歴史モノ | edit | web拍手
icon_45_b.gifこの記事へのコメント
icon_45_b.gifコメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/373586038
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。