2015-08-28

icon_45_b.gif『決戦! 大坂城』読了。


図書館レンタ本。

前作とは繋がっていないので、こちらから先に読んでも何の支障もないですな。
ちなみに、この決戦シリーズ、もうすぐ第3弾「本能寺」が刊行されるそうなので非常に楽しみです。
つか、冲方さんのあのニュースびっくりしたわ。

慶長二十年五月(一六一五年六月)。秀吉が築きし天下の名城・大坂城―。いまここに、戦国最後の大合戦が始まろうとしていた。乱世に終止符を打つのか、敗北すなわち滅亡か…(単行本より引用)。
伊東潤/(ほか著)『決戦! 大坂城』

大坂の陣を主題とした書き下ろし短編集。
今回も7名の作家による主人公たちが活躍してくださってます。
(今作は豊臣方4名、徳川方2名、商人1名)
個人的に好きだったのは木下作品と伊東作品。
前回と似たような冲方作品、
前回に続き「またどうしようもない微妙な人選んで(笑)」っていう天野作品。
目次と簡単なあらすじ&感想文は以下の通りです。

・葉室麟「鳳凰記」
・木下昌輝「日ノ本一の兵」
・富樫倫太郎「十万両を食う」
・乾緑郎「五霊戦鬼」
・天野純希「忠直の檻」
・冲方丁「黄金児」
・伊東潤「男が立たぬ」

・葉室麟「鳳凰記」(淀殿)
女の目から見た戦国末期とでも言いましょうか、
血縁による女たちの絆や朝廷をめぐる豊臣と徳川の確執などがテーマでした。
大坂の陣は豊臣家を守るための戦ではなかった
高台院との仲がギスギスしてなかったり
ヒステリー持ちじゃなかったり、
淀殿が悪く描かれていないのが好感持てます。そりゃ主人公だからね…。
個人的には、あえて豊臣の方から徳川に喧嘩をふっかけた理由とともに語られる
方広寺の鐘の銘文についての解釈が興味深かったです。


・木下昌輝「日ノ本一の兵」(真田幸村)
「日ノ本一の兵の首を獲りたい」と言って死んだ父・昌幸。
そんな父からは有力者に対する人質としての価値しか認められなかった幸村。
死の間際、父からある秘策を聞かされた幸村は
父が無しえなかった悲願を自身が成し遂げることで父を見返してやりたいと思うが…。

あーもう…この作家さんのなさることよ。
「なんでそうなっちゃうの…」とツッコミたくなる鬱的展開が繰り広げられるこの作風ですよ。
好きだなぁ木下作品。

それはともかく。
色んなコンプレックスがごっちゃまぜになった幸村がおります。
息子としても父としても武将としてもこじらせてる。
皮肉な結果となるまさかのラストが息苦しいくらいの緊迫感でした。
何故ああなってしまったのか…。
キーワード「日ノ本一の兵」が誰のことを指すのか、
ダブル?トリプル?ミーニングになっているのが上手いですね。
んでもって、‟左衛門佐”幸村の影武者である旅芝居役者の「幸村」がカッコいい。


・富樫倫太郎「十万両を食う」(近江屋伊三郎)
大坂の米商人が主人公。
商人はたくましいなぁ…というのが率直な感想です。
豊臣方へ兵糧を届けるため、大坂城へ続く地下の抜け道を通る伊三郎。
やがて兵糧を運ぶ以上に重要な仕事を課せられることになるのですが…。

カネが一番大事な商人が打った大博打。
カネ以上に価値あるものを得た近江屋のラストがさわやか。
でもやっぱり最後はカネだよね!っていう…(笑)。
地味に真田十勇士が登場したり鹿児島脱出ネタがあったりちょこちょこ楽しい。


・乾緑郎「五霊戦鬼」(水野勝成)
これもすごい作家さんの特徴が…伝奇臭ぷんぷん。
五霊鬼伝説を料理したらこうなりました、というお話。

かつて勝成が仕えていた小西行長からもらったとある丸薬。
死者を蘇らせるというこの薬をめぐる、
勝成と因縁のある怪僧・法雲、伊達お抱え忍びの黒脛巾組との三つ巴バトルです。
勝成の放浪時代の逸話や伊達勢の味方撃ちなどが
伝奇アイテムと関連づけられているのが上手いですなぁ。


・天野純希「忠直の檻」(松平忠直)
周囲に認められず居心地の悪い思いを抱えていた忠直。
口うるさい家臣、のさばる嫁、家康のあからさまなイジメで胃が痛くなりそう。
真田隊が家康の陣へ向かった際に
忠直があえて追撃しなかった時から家康の無事が伝えられるまでが
自らが徳川という大きな檻から解放されたというひとときの夢で、
忠直の心情が迫真に迫っております。
でもまぁ、終盤ではしがらみから解放されたことですし、
なんだか色々あったけど終わりよければ総てよし!って感じのラスト。


・冲方丁「黄金児」(豊臣秀頼)
秀頼の内面を冷静な筆致で詳細に描く…のですが、ちょっと描写がくどいかな、という感想。
秀頼の天才児っぷりはこれでもかと伝わって参ります。
周囲の人間より一段高いところから世界を観察してるようなイメージ。
最初の葉室作品とテーマが似ておりますね。


・伊東潤「男が立たぬ」(福島正守)
福島正則の弟・正守が主人公。
大坂の陣の直前、幕府より内密に千姫救出の密命が正守に伝えられる。
大坂城に味方として入城したからには最後まで豊臣方として戦う決意をした正守。
城内に潜む徳川の間者や正守を信用しない豊臣の重臣たちの目を盗みながら
千姫救出の手立てを探るのですが…。

ということで、千姫事件の前後を描いたお話。
とにかく構成が良いですねぇ。
徐々に秀頼に傾倒していく正守、
その正守の意志をつなぎ、やがて自らもまた譲れない信念を抱えて死んだ坂崎直盛、
そして最後に柳生宗矩の手に渡ったもの。
「死を恐れず名を惜しむ」男たちの意地の貫き方が鮮烈に印象に残ります。
posted by まるひげ at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時代・歴史モノ | edit | web拍手

2015-08-16

icon_45_b.gif認定証が届きました。


先日受講したバードライフアドバイザー3級の認定試験に無事合格しておりました。

BLA3級認定証.jpg

A5サイズの認定証と・・・

S0384143.JPG

認定カードが届きましたぞ。

うむ、可愛い。

2級が開講されたらまた勉強しに行きたいと思っています。
次はどんなことを学べるのか今から楽しみですなぁ。
posted by まるひげ at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | edit | web拍手

2015-08-13

icon_45_b.gif『決戦! 関ヶ原』読了。


図書館レンタ本。

何故か勝手にリレー形式の連作集かと勘違いしてましたが
主題(関ヶ原の戦い)が共通の書き下ろし短編集だったんですね。

慶長五年九月十五日(一六〇〇年十月二十一日)。天下分け目の大勝負―関ヶ原の戦いが勃発。乱世を終わらせる運命を背負ったのは、どの男だったのか(単行本より引用)。
伊東潤(ほか著)『決戦! 関ヶ原』

7人の作家によるそれぞれ異なる主人公(東軍3名、西軍3名、どっちつかず1名)が
何を一番に考え、どのような思惑をもって戦いに臨んだのかが描かれます。
個人的には吉川作品が好きでした。
伊東作品と葉室作品は読む前の期待が高かったせいか、ちょっとハズレた感があります。
冲方作品は他の作家さんと文体違うような。時代物っぽくないですね。
以下、目次と感想文をば。

・伊東潤「人を致して」
・吉川永青「笹を噛ませよ」
・天野純希「有楽斎の城」
・上田秀人「無為秀家」
・矢野隆「丸に十文字」
・冲方丁「真紅の米」
・葉室麟「孤狼なり」

・伊東潤「人を致して」(徳川家康)
関ヶ原の戦いは家康と三成の共謀であった、という
「ほぅ…」と身を乗り出すような設定なのですが、その後が盛り上がらず…。
ちなみに共謀といっても一方が気を抜けばその隙を突かれて
もう一方が出し抜こうとする関係なので、
まさに狐と狸の化かし合いみたいなもんです。
最後の最後まで危ない橋を渡っていた両軍の様子がわかります。
主君に容赦ない忠勝が頼もしい。


・吉川永青「笹を噛ませよ」(可児才蔵)
タイトルで察する通り、主人公は可児才蔵なわけですが、
直政食えねぇ奴だなぁ…というのがまず最初に出てきた感想。
裏の主人公直政ですねこれは。
爽やかでありながら狡猾、大胆な行動の裏に細やかな配慮を見せる直政がとても印象に残ります。

これまで仕えてきた主君はすべて敗者だったとはいえ、
斎藤龍興 → 明智光秀 → 織田信孝 → 柴田勝家 → 三次秀次 → 前田利家…
すごいところばっかり転々としてきたなぁ才蔵。
沸点低すぎな正則とは、なかなか良いコンビ的な主従でした。


・天野純希「有楽斎の城」(織田長益)
上杉討伐へ向かう東軍において、
信長の実弟でありながらこれまで陰口を叩かれ続けた初老の男・織田長益。
汚名を返上しようと密かに心熱くしている姿が空回っております。
物語は長益の一人称で物語が進みます。
本人(長益)はこれまで巡り合わせが悪かったために武勲に恵まれなかった、とかぼやいてますが…。
「違うのよ長益! 今までの自分の素行を振り返ってみて!」ってツッコみたくなりました。
さらに武功を立てて立派な茶人になることを夢見てます。茶人に武功は必要ないぞ長益。
でもなんか憎めない人ですな。


・上田秀人「無為秀家」(宇喜多秀家)
酒飲んで愚痴ってばっかの宇喜多の坊。
秀頼の天下が何よりも大事という、他ではあまり見ない秀家の姿があります。
終始独り言小説でしたよ。

ラストの作者の問いかけはちょっと唐突かと…。
天下分け目の大戦に勝利した福島家、加藤家、小早川家はみな滅亡した一方で、
秀家の子孫は今も続いています。
配流の身となった秀家は、端から見ればただ命を長らえただけですが
「血を残すことが第一」と捉えると、
時を経て勝者が敗者になり、敗者が勝者となる歴史は確かにわからんもんです。


・矢野隆「丸に十文字」(島津義弘)
わずかな手勢で関ヶ原に布陣した島津勢。
関ヶ原までの道のりを苦い思いで回顧する義弘と、血気盛んな豊久が対照的。

敵陣突破で、家康に迫った時の描写が緊迫感あって良いですね。
一瞬なんだけど義弘 VS 忠勝とか。
あと、豊久の伯父御敬愛っぷりが非常に微笑ましい。


・冲方丁「真紅の米」(小早川秀秋)
関ヶ原の戦いの切り札となる小早川勢。
東西両軍から参戦を促される瀬戸際で、秀秋の心を決めたのは「米」だった。
…と書けば、「は?」って聞き返されそうですが、自分も「は?」ってなりましたわ。
この短編の見所は秀秋の人物像です。
秀秋が自身の内面と静かに語り合ってるような印象を受けました。
ステレオタイプの凡庸で優柔不断な秀秋ではないんです。
育ちの良さゆえの慎重さと冷静な頭脳を持ちながらも、
他者から理解されなかった秀秋が貫いた決意が描かれます。
ラストはバッドエンドですが、これはこれで結構アリかも。


・葉室麟「孤狼なり」(石田三成)
東西両軍の思惑が交差した関ヶ原の戦いは、誰も勝者ではなかった。
正確に言えば、誰も勝者にはさせなかった三成の策謀とはどのようなものであったのか。
戦の後、共に捕縛された恵瓊に対して、
三成が関ヶ原の戦いの全貌を語るものの、どうにも説得力が弱いような…。

キャラ的(キャラって言うな)なことを言えば
恵瓊には最後まで飄々と…というか達観していてほしかった。
つか恵瓊じぃちゃんてそっち系の趣味があったんか。
posted by まるひげ at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時代・歴史モノ | edit | web拍手

2015-08-10

icon_45_b.gifもうそろそろ…


暦のうえではもう秋つーことですが、
相変わらず暑い日々が続いておりまして皆様大丈夫でしょうか。
こちら北国では猛暑日はほとんどないものの、とにかく蒸し暑いです。
いつまで続くのかの…げそー。
それでも、
1週間前には聞こえなかった夜の虫の声がすごく聞こえてきたりしてます。
特にコオロギが張り切ってんのよね。
この調子でぐんぐん秋らしく涼しくなってほしいもんです。

ネタがないのでトリの話題でも…。
エアコンなしの我が家では、扇風機と保冷剤でなんとか凌いでもらってます。
正直、ヒトよりトリの方が暑さには強いみたいで
こっちがぐったりしてるのにトリは元気にもの食ってます。
室温が33℃超えると若干脇パカしますが…。

S0953374.JPG

暑くても水浴びしたがらないから、トリ臭がぷんぷん漂います。


S0194053.JPG

夏の味覚・枝豆にはうるさい。
posted by まるひげ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | edit | web拍手

2015-08-07

icon_45_b.gifバードライフアドバイザー3級認定講座 in 仙台


先月(7/25)のことになりますが、仙台にて
認定・指定NPO法人TSUBASA主催の「バードライフアドバイザー3級認定講座」を受けてきました。
もちろんぼっち参加だよ!
道に迷って遅刻するかと思ったよ!

NPO法人[TSUBASA]鳥のレスキュー&保護&里親、里子センター

バードライフアドバイザー認定講座(3級)


仙台市内はもちろん、東北各県や関東から参加された方もおり(かくいう自分も遠方組ですが)
定員50名の会場は満席でございました。

今回の3級は「鳥と私が幸せになる」をテーマに
バードライフアドバイザーについて、
TSUBASAにいる鳥たちのこと、
そしてコンパニオンバードのお世話と生活環境、人とのつながり
…等について学びます。
これから受講される方もいらっしゃると思うので詳しいことは書きませんが、
心に残ったことを以下にちょろりと。

TSUBASA代表理事・松本壯志さんの丁寧で優しい語り口に冒頭から引き込まれます。
講義内容のなかには、飼育書やHPなどで知っているものもありましたが
いざ具体的な話を聞くと、自分は知っているつもりでいたことを実感させられました。
重要なのは知識量ではないんです。
いや、知識ももちろん大事ですけど!
知識を持ってるだけで活かせないことが問題なのね。
また、「お世話の方法に満点はない」というのも印象的。
過去の常識は今も常識とは限らず、発展途上の鳥業界において
より良い世話の方法を模索していく努力が飼い主の責任と言えましょう。
言葉にするのは簡単だけど実践するのはなかなか難しいよね…。
でも、無理に家族になってもらったんだから
ちゃんとした環境で生活させてあげたいものですな。

松本さんの鳥に対する愛情と熱意に溢れたお話と、
時に爆笑、時に涙腺ゆるむ映像に、5時間の集中講義が全く苦になりませんでした。
こんなに楽しく勉強できたのは初めてかもしれません。
次回、このような機会があったらぜひまた参加したいです。

講義後の懇親会では、
タイハクオウムの飼い主さんとお話をさせていただきまして、
大型白色オウムの可愛くもすさまじい生活を伺いました。
残念ながらオカメ飼いの方とはちょろりとしかお話できませんでしたが
サザナミインコやコザクラインコ飼いの方々、
それぞれの鳥種特有の性質を色々知ることができて、大層有意義な時間でした。

TSUBASAの鳥さん保護施設も見学に行ってみたいですねー。
憧れの大きいトリたち…( *´艸`)
環境的にも寿命的にもお迎えできない大きなトリたちをモフってみたい…。
posted by まるひげ at 00:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | edit | web拍手
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。