2015-06-27

icon_45_b.gif『忍者だもの』読了。


タイトルは「忍者だって人間だもの」ってところでしょうか。
個人的には柴錬&山風が好みでした。

明智光秀、突然の謀叛。そのとき信長方の忍び・九十郎は……(「鬼火」)。職人として腕を磨き、子も生まれた。順風満帆な万作に、ある知らせが(「赤絵獅子」)。不義密通の許しを得たければ、我らの面前でこの女と再び交合せよ――。頭領は若き手下に命じた(「忍者服部半蔵」)。誰よりも速く走り、跳び、隠れ、騙す。けれど心にいつも巣食うのは、孤独と葛藤。笑って泣ける、傑作忍者小説五編(文庫より引用)。
縄田 一男(編)『忍者だもの』

副題には「忍法小説五番勝負」とありまして
大御所作家5名による、忍者を主人公とした短編アンソロジーです。
忍者と言っても超能力まがいの忍術使って云々…というものではありません。
忍者らしいキャラもいればそうでもないキャラもいて
それぞれ個性が異なるので、読んでいて飽きませんね。
ですが、性格は違えど共通している部分は一緒。
どの主人公忍者も、己の信念に従い生きていく姿が描かれております。
目次と簡単なあらすじ&感想文は以下の通り。

・池波正太郎「鬼火」
・柴田錬三郎「蜀山人」
・織田作之助「猿飛佐助」
・平岩弓枝「赤絵獅子」
・山田風太郎「忍者服部半蔵」

・池波正太郎「鬼火」
明智光秀の密書を毛利方に届けるためにひた走る伊賀忍者・伝蔵。
それを奪い秀吉に届け褒美をもらった甲賀忍者・九十郎。
30年の月日が経ち、再度対決したふたりだが―。

任務を全うできず、人を捨てた忍びと
他方、任務を全うし、人となった忍び。
ラストで両者の立場が逆転しますが、
どちらが幸せかというと、どちらも幸せではないんですよね…。
池波作品は一番読み慣れているせいか、すんなり読めました。

・柴田錬三郎「蜀山人」
江戸の庶民の味方・怪盗「自来也」の正体を突き止めようする南町奉行所の与力。
狂歌仲間で風流人の蜀山人こと大田直次郎に目をつけるのだが―。

蜀山人の正体に迫る与力の頑張り具合と、
洒脱なやり口でお上を出し抜く自来也の振る舞いが痛快。
5編中、最もさわやかな読了感でした。

・織田作之助「猿飛佐助」
猿飛佐助のわくわく冒険譚という趣なのですが…。

あとがきにて縄田氏が面白さを絶賛しておりつつも、読むのが苦痛でした。
コンプレックスの塊のブサメン佐助がとにかく五月蠅い。
お前は躁か!
くっちゃべってないでさっさと動け!!
…すいません、自分には合わなかったようです。

・平岩弓枝「赤絵獅子」
鍋島藩の御用赤絵師として順風な暮らしを送っていた万作であったが、
その出生にはとんでもない秘密が隠されており―。

これは江戸の市井ものを得意とする作家さんならではの作品でした。
実の父を知らない主人公が実父を知ることで悲劇が始まるという流れがつらい。
ラストは涙ものです。

・山田風太郎「忍者服部半蔵」
3代目「服部半蔵」正重の弟である京八郎正広。
忍者の修行に落第して以来、遊び惚けてばかりの軟弱者の弟である。
これを半蔵が成敗しようとしたところ、とんでもない事件が出来し―。

この弟のキャラが面白い。
忍者の修行や技術を批判するのですが、そのどれもが至極合理的で現実的な考えなんですよね。
「それを言っちゃ元も子もないよ!」というレベル。
忍者全否定のこの京八郎がラストは……これは痺れますね。かっこいい。
やはり京八郎も忍者であったんだなぁ、と。しかも天才型だよ恐ろしい。
ちなみに主人公の半蔵つーのは
3代目…と見せかけて4代目…って、あれ? W主人公って感じで良いのかしら。
posted by まるひげ at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時代・歴史モノ | edit | web拍手

2015-06-26

icon_45_b.gif『ヒポクラテスの誓い』読了。


図書館レンタ本。

初読の作家さんなのですが非常に読みやすかったです。
続編あってもおかしくないラスト。
さらに言えば、TVドラマにしても面白そうな話ですな。

凍死、事故死、病死……何の事件性もない遺体から偏屈な老法医学者と若き女性研修医が導き出した真相とは? 死者の声なき声を聞く迫真の法医学ミステリー!(アマゾン・レビューより引用)
中山 七里(著)『ヒポクラテスの誓い』

「あなた、死体はお好き?」
この第一声で強烈な印象を読者に植えつけたキャシー先生ですが、
読んでみたらこの死体好きの准教授女史よりも、
彼女の上司であるご老体の光崎教授の方がものすんごい存在感でした。
偏屈で傲岸不遜、口が悪いが解剖の腕は超一流という…。
この二人、実際に自分の周りにいたら怖いだろうなぁ。

主人公はひよっこ研修医・栂野真琴。
単位不足のために法医学教室に放り込まれた真琴が
光崎教授の解剖の腕と死因を特定する観察眼に圧倒され、
自らも法医学の世界に強く惹かれていきます。
ジャンルとしてはミステリーですが、主人公の成長物語的な側面もありました。

法医学教室に持ち込まれる遺体は、
ある時は病死、またある時は事故死であったりしますが
そのどれもが警察の調査を受け、不信性は無しと判断されたものばかり。
ところが、光崎教授はそれらの遺体の一部にわずかな違和感を覚え、
司法解剖によって本当の死因を突き止める、という流れとなっております。
法医学の世界的権威である光崎教授の解剖がなければ
真相が闇に埋もれてしまう事件ばかりなのですが、問題はその手段。
警察の要請を受けた案件はともかく、
時には犯罪に抵触、さらには違法な手続きを踏んでまで強引に解剖を行います。
光崎教授が解剖実績を異常なまでにこなす背景には何があるのか・・・?

という感じでありまして、
各短編(5編)のラストに残された謎が最終話で明かされる構成なのです。

法医学の話なので腹開いたり頭開いたりしてるんですが
それほどグロい印象は受けませんでした。
そして主要な登場人物は数人だけなのに、みんな個性強すぎ。
脇役の皆様は他作品にも登場しているそうなので気になる方は要チェックですぞ。
posted by まるひげ at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | edit | web拍手

2015-06-17

icon_45_b.gifうちのトリ、虚弱疑惑。


もう春はとっくに過ぎましたが、トリにとって春は羽根の生え変わりの季節。
我が家のオカメも4月下旬から換羽が始まっておりまして
そろそろ抜け終わりそうです。
前回の換羽時は体調崩して病院行きましたが、
今回は・・・
今回も・・・やっぱり病院行きました。
「過保護だな!」って言われそうですが、はい、自覚はあります。

でもよ!
換羽前に102gあったちょいぽちゃボディが90gまで落ち、
水分過多便のうえ、飛ばない鳴かない元気ないのが数日続けば、
過保護な飼い主じゃなくてもそら心配すると思うぞなもし。

ということで、今回もお薬もらってきましたよ。
前回は順調に飲んでくれたんで、あたくし油断してました。
いつものくせで、薬水と一緒に青菜もあげちゃったんですよね…。
そしたら。
青菜食べる食べる。んで薬飲みやしねぇ。困った。
飲み薬あげる時に青菜をあげるのはNG。
野菜から水分を摂取するため、薬を飲まなくなります。

病院の先生に相談したら、目薬用の小さいスポイトを渡されまして、
「保定しながらクチバシに薬垂らしてあげて」との指令が。
ややや! 保定も満足に出来ないのにさらにスポイトで飲ませるだなんて無理です。
誤嚥させたら死んでしまうでねぇか! いやほんとに。
ちなみに、

・薬をエサにふりかける
・薬を溶かす水の割合を多めにする

のはNGだそうです。効き目がないのでしょうね…。
よくネットで見かけるんですけれど。

幸い、うちのオカメは青菜を撤去して
2日後ぐらいには覚悟を決めて(?)薬水を飲むようになりました。
やっぱり薬飲めばすぐに症状改善するんですよねー。

いやそれにしても。
去年の夏にも体調崩したので、今回こそはと意気込んで
ネクトンBIO(換羽期用栄養剤)投入してたのにあんまり効き目なかったなぁ…。
つーか、換羽の度に病院にかかるトリなんて聞いたことないぞ。
もしやうちのオカメ、虚弱体質か…?
まぁ、文句言っても仕方ないので体調しっかり注意してやらんとですわ。

脱獄を試みる

すっかり元気になりまして、
ケージの隙間から脱獄を試みるオカメさんの図であります。

【追加情報】
・ネクトンSとネクトンBIOは併用可
・ネクトンSからBIOへの切り替えのタイミングは羽根の抜け始めからでOK
posted by まるひげ at 00:33 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | edit | web拍手

2015-06-14

icon_45_b.gifマンチボールの逆襲。


ケージにくくりつけたおもちゃ(マンチボール)でご機嫌に遊んでたオカメ。

S0420308.JPG

突然、ギャッ!て悲鳴あげたから何事かと思って見てみたら。

S0911599.jpg

!?
すっぽり。
どうやら、かじって破壊したマンチボールの一部が輪っか状態になり、
それをクチバシで遊んでいるうちに良い感じにハマってしまった模様です。
ハマった直後はケージ内を右へ左へ上へ下へとプチパニックに。
頑張って取ろうとするも、どうやっても自力では取れない様子。

S0991637-001.JPG

でもしばらくして落ち着いたら…


S0931608.JPG

なにやらまんざらでもない…ようなこの表情。
ネ、ネックレスですか。

このままにしてもおれんので、この後、二人がかりで取りました。
「輪っか状態のおもちゃは首つり等の危険性があるから注意」とは知っておりましたが、
まさかマンチボールでこうなるとは。
今回はたまたま自分がそばに居たからよかったものの、
誰もいない時にまたハマってパニックになることが怖いわ。
もしかしてこれからはおもちゃの破壊され具合に注意しないといかんのか…?
posted by まるひげ at 01:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | edit | web拍手

2015-06-05

icon_45_b.gifおくすりふむふむ。


このところブログ更新したと思ったら
「サボっててごめんなさい」と謝ってばかりですがおばんですごめんなさい!(あいさつ)


実は先月末に母方の父が亡くなりまして。
90オーバーでありながら、とても元気なジィさまでした。
具合が悪くなってから亡くなるまでがあっという間で、
一週間経った今でもあまり実感がないのが正直なところです。
家が近いのでしばらくはちょこちょこお線香あげに行くことにします。

それはそうと。
仏事用のネックレスしたら首がカブれてしまいましてね。
えぇ、金属アレルギーです。
数日前から市販薬のフルコートを塗って済ましてたんですが、
治りそうにないので皮膚科へ行きました。
そしたら医者曰く
「フルコートは良いんだけど、首に塗るにはちょっと強い」そうで、
ロコイド軟膏というものを処方されました。
で、あたくし、病院で薬処方されると
ネットで薬効やら副作用やらをちまちま調べてみるのが好きなんです。
今回もググってみたら色々面白い。
ステロイド剤には強さが5段階あって、
患部の場所(皮膚の厚さ薄さの違い)によって使い分けが必要なんですね。ふむ。

http://www.okiyaku.or.jp/pdf/suteroido.pdf

こういうの ↓ …地味に欲しいな。


治療薬マニュアル 2015

これから…というか今年はすでにもう暑いので
結構薄着になっていることと思いますが、
虫刺されやら皮膚トラブルを見くびらず、早めに病院行くことをおすすめします。
市販薬で治そうとして薬ジプシーになったり、
色素沈着すると完治するのに数年かかったりしますしね…。
あとかゆくても絶対我慢。
掻き壊しを起こさなければ跡はきれいに治るでよ。
posted by まるひげ at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | edit | web拍手
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。