2015-03-29

icon_45_b.gif『信長のシェフ(10)』感想。


抹茶フロート。
千利休の点てた茶にアイスクリンぶっこむという荒業、
一番驚いたのは多分読者だと思う。

織田包囲網最強の大名・武田信玄は、「三方ヶ原の戦い」で徳川・織田連合軍に圧勝しながらも病死した。この好機に信長は、将軍・足利義昭を討つという大きな決断を下す。そして今、時代は大きくうねり始めた!(単行本より引用)
梶川 卓郎(画)/西村 ミツル(原作)『信長のシェフ(10)』

公式あらすじが物足りないので簡単に補足すると、
将軍義昭追放、元亀→天正への改元、浅井・朝倉殲滅直前までという内容でした。
いやぁ、終わってみれば結構長かった義昭と信長の対立。
義昭、憎めないキャラでしたね。顔芸楽しかったよ!

個人的には、改元の裏事情が読んでて楽しかったです。
朝廷内の実力者である大納言・山科言継をめぐって
信長と本願寺が攻略するという設定「大納言山科言継を落とせ!!」作戦です。
ちなみに新キャラですね山科言継。
このマンガ家さん、じじぃキャラ描くのうまいよなぁ。
柔らかな物腰のお公家さまという外見ですが、信長が「気骨のある男」と評するとおり、
自身の価値と朝廷の立場を正確に把握し、信長の接待を受け入れることの真意を…
…まぁ早い話が、名より実を取ることのできるじじぃです。
また登場してほしいなぁ。

後半では、浅井・朝倉連合を崩壊させるため、阿閉父子の懐柔がありますが
こちらは今後の展開に繋げる下準備といった感じです。
「北京ダック美味しそう」って感想しか出てこない。

ケンの手がける料理については、今巻はスイーツが印象的でした。
なかでもシュークリーム。
信長以下むっさいおっさん共が一同シュークリームに
かぶりついてるというはなんとも…珍妙な画でございますな。ひげにクリーム。
そんでもって城ひとつ買えるほどの名物にクリームブリュレって。
器洗う人大変だな…。

で。
ラストは本願寺に潜入してた楓さんが正体バレて危うしなところで以下続刊。
posted by まるひげ at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | マムガ | edit | web拍手

2015-03-24

icon_45_b.gif『コーヒーの絵本』感想。


本文と関係ないですが、
紅茶と違って、コーヒーの好みって結構変わりやすいのは何故なんだろうな。

全国に多くのファンを持つ人気焙煎所・アアルトコーヒーの庄野雄治さんが、コーヒーの基本から淹れ方まで、お話仕立てで楽しくわかりやすく教えます。イラストレーター・平澤まりこさんのかわいらしくほのぼのとした絵とともにコーヒーのお話が展開するので、美味しいコーヒーの淹れ方が本当によーくわかります(アマゾン・レビューより抜粋)。
庄野 雄治(著)/平澤 まりこ(画)『コーヒーの絵本』

白と黒と赤で描かれる、シンプルでオシャレな雰囲気の絵本。
美味しいコーヒーの淹れ方について
ちょっとしたコツがポイントを押さえた説明とともに紹介されてます。
パラパラめくってあっという間に読み終えられますが、
目次とおおまかな内容は以下の通りです。

1.コーヒーってなに?
  【コーヒー豆の産地&焙煎】
2.コーヒーを淹れてみよう
  【美味しい淹れ方&必要な道具】
3.コーヒーは自由に楽しもう
  【いろいろな飲み方&アレンジメニュー】

実用的なのは2ですね。
ペーパードリップフィルターの種類(円すい形と台形)の違いとか。
台形には穴の数が1つのものと3つのものがありますが、
この違いって今まで分からないまま使ってたもので…。
ちなみに自分は円すい形フィルターを使ってるんですが、
これはお湯の通りが早いので、ゆっくりお湯を注がないとダメなタイプだそうです。
調子こいてどばどば注いでたわー…たまにあふれるのよね。

ここで書かれていることは基本中の基本なんでしょうが、
それすら気にせず適当にコーヒー淹れてた人間としては参考になりました。
とりあえず「淹れ方変えてみよう」って気にさせてくれますね。

【蛇足的に自分用メモ】
・コーヒーの量に合ったフィルターを使うこと
 大きいフィルターに少量のコーヒーを淹れない
・淹れる速さにとって味が違う
 速い→酸味と甘みが前に出る
 ゆっくり→苦味とコク
posted by まるひげ at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 坩堝 | edit | web拍手

2015-03-22

icon_45_b.gif『へなちょこ手づくり生活』感想。


たかぎさん、手づくり好きなんだなぁ。
四苦八苦しながらも楽しくつくっているのが紙面から伝わってきます。
こういう人が家族にいると、なんだか普段の暮らしが豊かになりそう。


たかぎなおこ(画)『へなちょこ手づくり生活』

黒板、封筒、シューズ袋、アルバム、コースター、苔玉、棚、メロンクリームソーダ、
風呂敷、マグネット、ばくだんおにぎり、サンタブーツ、額、梅干し

以上14品を手作りする様子がフルカラーのマンガと写真で紹介されています。

自分はめんどくさがり&不器用ゆえ
裁縫とかDIYなど手作りはほとんどしないので
たかぎさんの手作り魂には脱帽です。マネできないわー。
全然「へなちょこ」じゃないです。
もし自分がつくるとしたら、
「メロンクリームソーダ」と「ばくだんおにぎり」かな。
どうしても食べ物に反応してしまう食いしん坊根性で申し訳ないですが。

メロンクリームソーダ、懐かしいですね〜。
そもそもソーダ水って買わなくても、
クエン酸と重曹で簡単に出来るもんなんですか!
自作すれば、一回に飲む分だけつくれるから便利だわ。
ペットボトルの量だと飲み切れなくて余っちゃうことあるし。
しかも、砂糖(シロップ)の量を自分好みに調整できるというのも良い。
気の抜けた炭酸飲料飲んでみるとものすごく甘いですよね。
どんだけ砂糖入れてるんだろ…。

ばくだんおにぎりは、色々な具材をいれてにぎる、ちょっと大きめなおにぎり。
自分の好きな具材を数種類入れてにぎるだけ、という手軽さ。
どこから食べても具に当たるし、
ひとつのおにぎりで何度も楽しめるというのが素敵ですね…(涎)。
これだけ持っていけばおかずいらずだし。
(というかおかずがおにぎりのなかに入っているという感じ?)
ものぐさが喜ぶ一品料理!

よし、つくってみよう…いつか。
posted by まるひげ at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | マムガ | edit | web拍手

2015-03-19

icon_45_b.gifあたらしい【カメラ】をてにいれた!


お久しぶりです。
ここ数日暖かい日が続いており、北国にもようやく春が来たと実感しております。
主に鼻…キてますね。ムズムズしよりますわー。マスク出しましたわー。
まぁ、春だと言いましても週間天気予報では
まだ雪だるまマークが控えておりますが…。

それはそうと。
なんかまたブログの更新が滞っておりまして申し訳ありません。
本もそこそこ読んでるんですが、
感想文書く気力が湧かなくてですな…。
正直に言えば持病のサボり癖が再発しておるわけですよ。
たいして忙しいわけでは…ないです…はい。

そろそろ本題行きましょう。


FUJIFILM プレミアムコンパクトデジタルカメラ XQ1


カメラ新調しました。
他に欲しい機種がいくつかあったのですが
実店舗で触ってみた結果、画質とレスポンスの速さに惹かれまして。
今まで使ってたデジカメよりも高性能なので使いこなせるかどうか不安ですが
頑張って撮ってみようと思います。
まだ慣れないので悪戦苦闘中。

モデルになって!うちのトリよ!

DSCF0013.JPG

おぅ…カメラ目線いただきました。
posted by まるひげ at 00:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | edit | web拍手
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。