2013-02-28

icon_45_b.gif『戦国覇王伝(1)乱世ふたたび』読了。


今月の積読本消化1冊目。
「面白いよ!」という話を聞いて買ったは良いが、
どんなストーリーなのかすっぱり忘れて積んでた本を読了。
ちなみに紙媒体としては絶版ですが、電子版で読めます。

独眼竜があの手この手を使って天下を掴む…という展開になるのかな?

奥州の雄・独眼竜政宗が、ついに策動を開始した!時は慶長五年。豊臣秀吉亡き後の天下人の地位を狙い、諸大名を調略していく徳川家康。だが、その前途には思いも掛けない人物が立ちはだかる。英雄豪傑が命の炎を燃やした戦国の世が、今、再び甦った!誰もが予想だにしなかった展開が繰り広げられる、戦国シミュレーションの傑作!!(文庫より抜粋)
中里 融司(著)『戦国覇王伝(1)乱世ふたたび』

公式あらすじにある「思いも掛けない人物」というのがキーパーソンです。
いきなりネタバレしちゃうと秀頼です。
作中、頻繁に「妖童」と表現されてますが
御歳8つの彼のあの発言にはのけぞったね。え、そっちの意味も? 淀殿卒倒すんぞ。

あ、すいませんキャラ話は後にします。

if色が強まるのは関ヶ原以降。
さらりとあらすじを補足すると以下の通りです。

関ヶ原後は大坂城に拠り、秀頼の後見人となった輝元。
三成と家康は喧嘩両成敗として謹慎処分となり、
秀頼を主とする新たな豊臣政権に恭順する秀吉恩顧の大名たち。
関ヶ原の勝利は無に帰し、秀頼に本心を見透かされた家康は
秀頼への復讐を胸に、地盤固めとして関東を席捲すべく動き出す。
一方、長谷堂の戦いの後、上杉領へと忍びで乗り込んだ政宗は
景勝・兼続と会見し、共闘を申し出る。


群像ifと言っても良いストーリー運びですが、基本的に主人公は政宗。
家康の下につくことを不服とし
世の中を面白おかしく引っ掻き回し
それにより天下が転がり込んでくれればなお嬉しい、という考えに基づき、
あっちと密謀を結んではこっちに裏工作を仕掛ける政宗の姿が活き活きと描かれます。
己に都合の良いことをいけしゃあしゃあとぬかす政宗は不思議と憎めない魅力がありますね。
そんな主君に頭抱えながらフォローする小十郎…がんばれ。

佐和山主従は、同著の『異戦関ヶ原』と同じ雰囲気で、読んでて懐かしくなりました。
頑張る三成と保護者な左近の組み合わせですよ。
他の登場人物(雑なくくりだな)はステレオタイプです。
あ、オリキャラである2人の朝鮮少女や
作者お得意の忍びの者もしっかり活躍してます。

1巻ではifの花形・真田も姿見せてないし、如水も顔出し程度なので今後の動きに期待です。
期待と言えば、関ヶ原参戦の主要メンバーがほぼ生き残ってるので
さらなる戦乱の予感にわくわくします。
シリーズは10巻までなのでこれからゆるゆると読んでいこうと思います。
posted by まるひげ at 01:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時代・歴史モノ | edit | web拍手

2013-02-24

icon_45_b.gifれきだまかんそうぶん。


ニンジャに三成に又兵衛に…大層我特な特集でごちそうさまでございました。


歴史魂 Vol.11

・巻頭大特集「完全版 THE NINJA」
巻頭特集をこんなにしっかり読んだのは初号以来。
忍者とは何者か、その歴史や時代背景、有名な忍者についていつものとおり図版多めで解説。
特に人気の真田十勇士をはじめ、風魔や軒猿、三つ者など戦国大名の影で活躍した忍者集団から
加藤段蔵や楯岡道順、山岡景友といった一匹狼的な忍者まで紹介されてます。
そして今回も伊賀・甲賀の旅行ガイドページがあります。
確かに、ニンジャ好きにとって伊賀と甲賀は一度行ってみたいですね。
できれば足腰丈夫なうちに…(どこまで分け入るつもりだよ)。
忍者を扱った映像・書籍・ゲーム作品の紹介ページは、正直もう少し頑張ってほしかったところです。
シバリョや柴練あたりは王道すぎるだろうに。
ヲタクな雑誌なんだからニンジャスレイヤーあたりとか…どうよ?

・NEO講談「石田三成 わが忠義に曇りなし!」
子安武人氏演じる三成が主人公。
子安氏は2度目の登場ですね。
シナリオはここ数号続いた駆け足展開ではないんですが、
なんとなくいつもより短かったような印象を受けました。
関ヶ原前夜、刑部を西軍に引き入れるところから始まり、
三成の挙兵、杭瀬川の戦いを経てメインの関ヶ原へ、
そして六条河原にて「わが生涯に一片の悔いなし!!」というラオウ的END。

・情報系
3月はTVの特番が楽しそうですね。
東北復興特別企画で『臥竜の天〜伊達政宗 独眼竜と呼ばれた男』が
BS-TBSで3月9日に放送予定。
政宗役が椎名桔平だそうです。
フジ系列では春に『女信長』が放送予定。
そうそう、天野裕希さんが信長役でしたよね。どんなif時代劇となっているのか気になります。
4月からはBS時代劇『妻は、くノ一』がスタンバイ。
ゲームコーナーはいよいよ今週発売となった『真・三國無双7』。
プレイアブルキャラが70名以上ってすごいわらわら感。
新規の魯粛&韓当がどうにも胡散臭いw
あとは新作10本のうち4本が乙女ゲー。頑張ってますな。

・絵で見る古事記神話
『古事記』の世界をわかりやすく解説…と言いたい所ですが
神々の名前が字面的に混乱するのは自分だけだろうか。
天照大御神の天岩屋戸隠れ、ヤマタノオロチ伝説、海幸彦と山幸彦、倭建命の熊曾討伐
を美麗イラストとともに紹介。

・推シメン武将達の天下獲りif物語
お気に入りの武将が天下人になった姿をシュミレーションする企画。
小和田哲男氏のインタビューから
天下獲りに必要な三大条件「地勢」「経済力」「同盟」を踏まえたうえで、
加来耕三…「もし浅井長政が信長を裏切らなかったら?」
小日向えり…「もし豊臣秀頼が関ヶ原に出陣していたら?」
北見健…「もし武田信玄が桶狭間後三国同盟を維持していたら?」
という3つのifストーリーが組み立てられております。

・「絵で見る名勝負伝説〜THE BEST BOUT」
馬超孟起 VS 張飛益徳の時間無制限ファイヤーデスマッチ。
早朝から日没までのガチンコバトルは結構ですが、
傍から見る人の身にもなってほしいよね。

・おさるとニャン兵衛の「入門」コーナー「サルでも斬れる剣豪入門」
今回のゲストは柳生ジュウベエ先生。
おさるが言うとおり、確かに人名が多い。

・猛将妄想録「後藤又兵衛」
大坂城入城からその死までが、回想シーン混じりで描かれております。
黒田家時代はぎゃいぎゃい騒がしい主従ですが、お互いさっぱりしてるのが良い感じ。
普段は豪快でカラッとした性格の又兵衛が、
自身の生き方をぽろりとこぼす時の微苦笑が印象的でした。
posted by まるひげ at 23:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | edit | web拍手

2013-02-19

icon_45_b.gif『ワンニン!(4)』感想。


アヤメの半身となったムラマサのビジュアルはすごいですね。ささってる。

武士が政をつかさどる世。将軍家を守る“ワンニン”と敵対する妖との闘いがはじまりました。闘いの末にハヅキは…ご主人様との間に越えられない違いがあることを実感いたします。ご主人様はのほうは、ハヅキを想うがゆえに、その正体に近づいてしまわれます。想いあうふたりの行く末は果たして…(単行本より引用)。
ほおのきソラ(画)『ワンニン!(4)』

前巻ラストで出てきた妖しげな僧・月海。
その正体は狸でした。
そしてハヅキが助けた狐の子・禅も実は!な設定で妖忍たちを苦しめる展開に。
しかし本当の敵は宗固と禅ではなく…という展開でなかなか大変なワンニンたち。
みなさま満身創痍でございますよ。

エド城を乗っ取ろうとする月海もとい宗固は、
かつて妖が絡んだ尾張家のお家騒動とも関わりがあることを匂わせております。
ところがみなまで言わず狸トンズラしてるので詳しいことはわからず仕舞いです。
ということで、犬と猫 VS 狐と狸の決着はとりあえず先送りに。

新たにわかったことと言えば、
ワンニンの頭領・キサラギの秘密が判明してます。
その他、
ハヅキを傷つけられたことでハンゾウの堪忍袋がぶっちりだったり
タマ姐さん怖かっこよかったり。
肝心のハヅキと光慶の恋の行方は…どうなんだろうな。どうなるのこれ。
ハヅキの正体に気づいた光慶の「なんかもう犬でもいいじゃん?」的発言があったので
ハヅキとしては嬉しいでしょうが、問題はそこじゃない。
そして光慶に押し切られちゃってる信秀が意外に常識人でした。
おまけ4コマ、にゃんこのもみもみ姿って可愛いよなぁ。
posted by まるひげ at 02:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | マムガ | edit | web拍手

2013-02-17

icon_45_b.gif『GATE7(4)』感想。


読みどころは
裏七軒の家族生活、なごみ担当の真田勢、家光の歪みっぷり、の3点かと。

来るべき戦いに向け、豊臣側への接近を図る家光。水面下でも勢力争いは始まり、石田三成ら戦国の世で名を轟かせた者たちも動き出し、過去の因縁が蘇る。そんな中、裏七軒に張り巡らせた結界に思わぬ異変が!?(単行本より引用)。
CLAMP(画)『GATE7(4)』

前巻から間が空くと話わかんなくなるなぁ。
展開は遅々として進まず。
どれもこれも相変わらずで、謎と新キャラだけが増えていきます。
それゆえ、感想も「わけわからんw」しか出てこないわー。
ずっと序盤が続いてるような印象を受けるので
次巻あたりでどばーんとひとつ、でっかい謎解きがあるといいなぁ。

ちなみに、今巻の新キャラは橘(?)の姉・杉姫、三成&左近、千姫。
三成&左近に思わず噴いちまったよ。
三成は典型的な委員長キャラだし左近は確実にダブってるだろうあの面構えは。
しかも徳川方ときたもんだ。何で釣ったんだ家光…。

主人公・致佳人の正体は、
読者の皆さんが推測されてるように信長っぽいんですけれど
CLAMP設定ということを考えるともうひとひねりありそうで油断できん。
posted by まるひげ at 01:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | マムガ | edit | web拍手

2013-02-16

icon_45_b.gif『放課後のトラットリア(1)』感想。


ふわふわの白いパンもいいけど、全粒粉の固めのパンだって捨てがたいぞ!

空に双月が浮かび、亜人や獣人たちが跋扈する、ファンタジーな世界へと飛ばされてしまった料理研究部所属の四人の女子高生たち。ホームシックや異世界の料理への不満から、彼女たちは現代の料理の知識を使って、「おいしいもの」を作ることにするのだが…。たがて世界を揺るがすことになる四人の冒険―ちょっとだけ長い放課後の物語が、始まる!(単行本より引用)
橙乃 ままれ(原作)/水口 鷹志(画)『放課後のトラットリア(1)』

あらすじは公式の通りです。
しっかり者の部長・あやめ、
パン以外は料理下手な元気娘・くいな、
アガリ症の真面目娘・はるか、
いつもぼんやり眠そうなみやこ、の4人のJKたちが主人公。
くいなとみやこが微妙に百合っぽかったりしますが…まぁそういうこともあるでしょう。
登場人物も多くなく、さらりと読める気軽さがいいですな。

基本的にはほのぼの路線ですが、
4人が飛ばされた先の街では様々な問題が潜んでいて、
そのイザコザに女子高生たちが巻き込まれていく…という流れになりそうです。
…様々な問題といっても、勇者やら魔王やら世界の破滅だ云々という話ではなく
政治や権力、経済や物流といったある意味地味な分野における問題です。
「料理」をメインに、4人がどう動いていくのかが見所ですね。
まだ1巻なせいか、料理についてもそれほど深く切り込んだ描き方はされてないので
これからの展開に期待でありますな。

メインのマムガ本編のほか、
各話の終わりに原作者によるグルメガイド、巻末には
異世界における4人の庇護者・エルスタイン(けもみみイケメン)と
あやめが交わしたひとつの約束についての小話が収録されてます。
内容は「エルスタインのあやめ観察記」という印象で、
頭いい人同士の駆け引き的会話が面白い。
posted by まるひげ at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | マムガ | edit | web拍手

2013-02-13

icon_45_b.gif『ホビット 思いがけない冒険』感想。


公開終了間際にすべりこみで観て来ました。
上映時間170分ということで覚悟して行きましたが問題ありませんでした。
とっても面白かったです。
ところが巷では、結構評価が分かれているようで。
知人も「あんまりつまらなかったから眠っちまったよ」って言ってたなぁ。
…うーん、ファンタジー好きの人なら大概オッケーだと思うんですけどね。
マイナス点を挙げるとすれば、
間延びしてる場面がいくつかあるということでしょうか。
冒頭でドワーフの皆様が主人公のお宅にわらわら集まって騒ぎ続けたり
トロルたちがどうでも良い雑談繰り広げたり
大岩のガチンコ勝負だったり
ビルボとゴラムのなぞなぞ勝負だったり。

そんなところも、前シリーズ「ロード・オブ・ザ・リング」からのファンにとっては些細なこと。
カメラワークやら音楽やらセットやら、作品の雰囲気がとにかく懐かしいのですよ。
前作の最終作からすでに10年が経過してると考えると
時の流れの早さに呆然とするわけですが。じゅうねん…。
10年も経てばアレだ、
ガンダルフおじいちゃんだってさらに老けるし
エルロンド卿だって生え際の切り込みが深くもなるわな。
ガラドリエル様とサルマンはあんまり変わらない…ような。

ちなみに前作の仲間たちは合計7人で、しかも人間、ホビット、エルフ、ドワーフと
多種族で個性豊かで間違えようのない方々でしたが、
今回はドワーフ13、ホビット1のむっさ苦しい団体旅行なのです。
しかもドワーフさんたち皆似てるから区別つかんわー。
ちっさいおっさんわらわら。
パンフレット読んでようやっと全キャラのプロフィール知りました。知らなくても支障ない。
あ、忘れてましたが、あらすじを一行で表すと
「竜に奪われた故郷を取り戻すためにドワーフ(+α)が頑張るお話」です。
以下、個人的ツッコミ部分。

・みんなビルボを苗字で呼ぶ。
他人行儀な!前作の主人公フロドは名前で呼ばれてたはず。

・ドワーフの王子トーリンのクソ真面目っぷりにニヤニヤします。
あんなに四六時中気ィ張ってたら大変だろうに。

・エルフの雰囲気良いね!
ドワーフの王国を高みから見下ろす
スランドゥイル王のあのつめたーい視線がたまらん。

・相変わらず魔法使わない魔法使いガン●ルフ。
魔法っぽいことと言えばゴブリンの王国での目くらましビームと
ラストで大鷲タクシー呼んだくらいじゃないのか。
あとは体力勝負で美味しいところをかっさらっていく。

・茶の魔法使いラダガスト
なんというム●ゴロウさん…!

・ゴラムってゴブリン喰うんだ!?
個人的に、一番ショッキングだった事実ですよ。
ドワーフ一行が暴れまわったあの日、
ごちそう一杯上から降ってきて良かったね!(指輪無くしてそれどころじゃない)

・好きなものだけにドップリ浸かってた竜。
次回作でヒキニート生活を死守するために動き出すんですね。
つーかいくらなんでも浸かり過ぎだろあれw

…という感じです。
2作目は今年12月に公開予定だそうです。楽しみ。
posted by まるひげ at 20:18 | Comment(2) | TrackBack(1) | 映画、TV | edit | web拍手

2013-02-09

icon_45_b.gif『マギ(15)』感想。


前半のもじゃもじゃとポロリからは予測できないほどの
煌帝国のどシリアスっぷりでございました。

レームにたどり着いたアリババの闘い!!そして暗黒大陸に着いたモルジアナの冒険とは!?広大な世界がさらに広がる!!志高のファンタジー15巻!!(単行本より引用)
大高 忍(画)『マギ(15)』

やー、展開早いですね。
アリババのレーム帝国編だけかなと思ってたんですが、
モルジアナの暗黒大陸への道行き、アラジンの魔道学院生活、
そして煌帝国の第一皇子・紅炎が世界統一へと動き出し…という内容。
新キャラも多数。
個人的には、レーム帝国のシェヘラザードとムーが、
幼女&ごつい男という我得な組み合わせで大層好ましいです。

アリババの成長は微笑ましいですね。
退場してしまったキャラとの絆が、こういった形で繋がっていてくれるのは嬉しいなぁ。
いやそれにしてもアリババは女難の相が…いやむしろ女運良いのかこれ。
モルジアナもトトも凶暴なだけで良い娘さんだよ!
モルジアナと言えば、彼女が目指す暗黒大陸の謎はまだ謎のまま。

そして世界戦争おっ始めようとする煌帝国。
これからって時に内乱勃発前夜って雰囲気です。
それにしても、第一皇子は案外まともそうで意外でした。
さらにブラック化甚だしい白龍とジュダルが手を組むことになりそうで、どうなることやら…。

次巻は表紙が紅炎のようですが、
ストーリーはアラジン編から始まるのかしら。
posted by まるひげ at 19:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | edit | web拍手

2013-02-07

icon_45_b.gifドライアイハンパナイ。


うかうかしてる間に2月も一週間が経過してしまいました。
仕事しかしてねぇよ!
とか毒づきたいところですが、
ここ一週間を振り返ると、マムガ読んだりDVDレンタしたり映画行ったりと
結構好きなことやれてたことに今気づきました。
その割りにブログの更新をしなかったのは
「パソコン画面で文字を打ちたくなかったから」というどうしようもない理由です。
勤務中ずっとパソコンとにらめっこしてると正直うんざりでね…。
TVや本よりパソコンが辛いわー。

そうも言ってらんないのでここ最近の書店パト報告をば。
書店に欲しい本が置いてなかったので、
今回は目に留まったものをいくつかご紹介。


剣豪―流派と日本刀(にちぶんMOOK)

思わず立ち読んでしまったでねぇの。
各流派の“型”が写真多用で解説されてるのが特徴かしら。



堀江 宏樹(著)/森 ゆきえ(画)『藩擬人化まんが 葵学園』

江戸時代がひとつの学園という設定の擬人化マンガだそうです。
…わざわざ藩の擬人化とするくらいなら手っ取り早く藩主で良くね?
って思ってしまうのは、自分が擬人化という萌えの本質をわかっていないから。



瀧津 孝(著)/霜月 かいり(画) 『乙女のための名将言行録』

…タイトルなんとかならんかったのか。
そもそも乙女じゃないから買えません。

そういえば、早くも官兵衛関連のムックが出始めてますね。流石に気が早いだろ!
posted by まるひげ at 01:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | edit | web拍手
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。