2012-11-30

icon_45_b.gif『小太郎の左腕』読了。


今月もあと30分で終わりだというのに、今月の積読本消化1冊目を紹介。


そうだよね、ラストはあぁなるよねー。
鼻の奥ツーンとする感じです。小道具の扱い方が小憎らしい。
どうでも良いが、不気味忍者は結構好きだったりします(笑)。

一五五六年。戦国の大名がいまだ未成熟の時代。勢力図を拡大し続ける戸沢家、児玉家の両雄は、もはや開戦を避けられない状態にあった。後に両陣営の命運を握ることになるその少年・小太郎のことなど、知る由もなかった―(単行本帯より引用)。
和田 竜(著)『小太郎の左腕』

久しぶりに和田作品を手に取りましたが、相変わらず読みやすいですね。
自らの信念を命を懸けて貫き通す武人の清々しさと物語展開のやるせなさが今作の特徴でしょう。
戦闘シーンから始まる冒頭からぐぐっと引き込まれます。
あらすじは公式のとおり…ってこれだけだとわかりづらいのでちと補足。

所領争いを繰り返していた地方領主の戸沢家と児玉家。
戸沢家の猛将・林半右衛門は戦で怪我を負ったところを、
猟師とその孫である小太郎に助けられます。
普段は「阿呆」と蔑まれる小太郎ですが、
いざ左撃ちの銃を持つと、神が宿ったかのような超人的な鉄砲の撃ち手へと変貌します。
半右衛門と小太郎の出会いが、二人のその後の運命を変えることとなり―というお話です。
「人並みになりたい」という少年の願いは叶えられるのか、
半右衛門の戦いの行方は…これは一気読みルート一択でございました。

今回も登場人物で読ませてくれます。
主人公は戸沢家の重臣・林半右衛門。
嘘や卑怯な振る舞いを嫌う、とことん真っ直ぐな武人(35)です。
サブ主人公として、神が宿るかのような鉄砲の腕を持ちながら、心根が優しすぎる少年・小太郎。
小太郎の能力が戦に利用されることを怖れ、身を隠すように生きてきた元雑賀衆の要蔵。
“好敵手”という言葉がぴったりの児玉家の勇将・花房喜兵衛。
半右衛門の養育係である老武者・藤田三十郎。
半右衛門と喜兵衛の戦場での掛け合い、
半右衛門&三十郎の漫才のような会話が微笑ましかったです。おじいちゃんかわいい。

勝つ見込みのない籠城戦から兵たちを救う将としての行動が
半右衛門という人間の根本を崩してしまうことになる展開がやりきれない。
「卑怯な真似は決してしない」という誓いを自ら破った瞬間、
その後の展開がなんとなく読めるのが残念といえば残念。
ああ、この人死ぬんだな」という予感が濃厚に。
それほど、半右衛門のひととなりや考え方が自然に読み手に伝わってきます。
いやー、和田さんってば、豪快で真っ直ぐな武人を魅力的に描くのが本当にうまい。
『のぼうの城』だと和泉&正木、『忍びの国』だと大膳みたいな。

一方、小太郎には不思議なほど感情移入できず。
小太郎の「人並みになりたい」というささやかな願いへの対価はあまりにも大きく、
心根が優しすぎるこの少年には過酷な運命となったわけですが。
それでもね、小太郎には銃を捨てずに生きる道を選んで欲しかったと思うのでありますよ。
すべてを失う原因となった異能の左腕であっても、
それごと抱えて生きていくべき、と思うのは現代人の考え方なんだろうなぁ。

あとは…
憎まれ役・戸沢図書の心情が正直よくわからなかった。
半右衛門に対する劣等感やそれによるあてつけってのは理解できますが、
配下の娘に手を出してるって擬態は、はたして必要だったろうか?

…いつもの如くキャラ話に流れてしまいました。
次回作『村上海賊の娘』も楽しみです。
posted by まるひげ at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時代・歴史モノ | edit | web拍手

2012-11-29

icon_45_b.gif『怪談』読了。


図書館レンタ本。

うーん…どれも都市伝説どまりだな。
柳さんのオマージュ作品ってイマイチ振るわないような気がする。

鮮やかな論理と、その論理から溢れ滲み出す怪異。小泉八雲ことラフカディオ・ハーンの『怪談』を、柳広司が現代の物語として描き直した異色のミステリー(アマゾン・レビューより引用)。
柳 広司(著)『怪談』

小泉八雲の「雪おんな」「ろくろ首」「むじな」「食人鬼」「鏡と鐘」「耳なし芳一」
を元ネタに作者が現代風にアレンジしたもの。
原作を知らない状態で読めば、はっきり言って“ただの怖い話”。
さらに言うなら、怪談というよりはミステリ色が濃い作品です。
どの話も、基本的には「生きている人間が一番怖い」というオチ。
ですが、それだけでは説明がつかない不可解な謎が残っている話もあり、
そこが背筋寒くなる感じですね。

以下、簡単にあらすじ紹介をば。
前半3編はミステリ寄り、後半3編は怪談寄りです。

・パーティーで出会ったコンパニオンの女性に惹かれた理由とは…「雪おんな」
・合法ドラッグの横流しが発覚した医師が、証拠隠滅工作の最中に見落としたもの…「ろくろ首」
・帰宅途中のサラリーマンが殺人事件の犯人に仕立てあげられ…「むじな」
・警察官が冷凍コンテナのなかで発見したもののなかに人肉らしき塊が…「食人鬼」
・見知らぬホームページの管理人にされた女性。彼女を陥れた人物とは…「鏡と鐘」
・「6日間の特別ライブ」の後、若手ミュージシャンが手にする“成功”…「耳なし芳一」


どれが一番好き、という程にお気に入りのものはありませんが(少しは媚びろ)
強いていうなら「耳なし芳一」かなぁ…。
構成的には「むじな」が好み。
そして、これ読むと本家の小泉八雲版『怪談』も読みたくなります。
寒い時にあえての怖い話というのもオツなものです。
posted by まるひげ at 22:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | ミステリ | edit | web拍手

2012-11-25

icon_45_b.gif『ヘルズキッチン(8)』感想。


カニ先輩かっこいいですな!
それにしてもサガネの偽チチは何故カニ先輩にもバレてるんだ…。

調理学部の天才問題児・半井のドタバタでわかったんですが、
対決してるふたつの学部、キャラ同士だと結構仲良くできそうな気がします。

応用生物学部VS調理学部の五感対決は「聴覚」に続き「視覚」による勝負に。応用の連勝…と思われたその時、雲居蜜郎が急遽参戦、衝撃の一皿を披露する!一方、ユーリの研究室で、科学による香りの研究に独り没頭していた立花は、ユーリの導きで、ついにその能力を覚醒させる―!料理の常識を超えたグルメコミック、戦慄の第8巻!(単行本より引用)
天道 グミ(画)/西村 ミツル(原作)『ヘルズキッチン(8)』

調理学部 VS 応用生物学部の対決第2戦目からスタート。
第1戦の「聴覚」対決ではコテンパンな負け方をしてしまった調理学部。
第2戦の「視覚」ではサガネ VS 東条で、テーマは「深海魚」。
今回も調理学部の負けかと思った時に颯爽と現れた雲居蜜郎が試合を大逆転へと導きます。

いやー、料理においても基本が「科学」の応用生物学部、強いですね。
東条が馬鹿じゃなかったのが意外でした。いや、外見と発言は馬鹿っぽいんだけど!
その他、ユーリと東条の過去も明らかとなったり、
ゆるキャラ「てんのきわみ」の正体がちょっとだけ判明してます。
そして「カタブツ北方が恋に落ちた…」とか思ったところで両学部の試合は一旦お休み。
すっかりその存在を忘れていた立花のターンとなります。
世界中の「香り」を完璧に記憶した立花が、ドグマの正体に気づいた時点で以下次巻。
こっちも大変なことになってますね。
立花はいずれ調理学部に戻ってくるでしょうけれど…。
本編の雰囲気をカオスにぶち壊してくれる巻末おまけマンガは、いつもよりページ数多めで嬉しい。
土愚魔先生溶け込んでるなぁ(笑)追い詰め方が突き抜けている。

ちなみに次の料理対決は「味覚」でテーマは「甘いもの」。
北方と半井がぶつかることになりますが、
自信満々の真面目くんが、キャラ設定だけで分が悪いように思う。
posted by まるひげ at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | マムガ | edit | web拍手

2012-11-22

icon_45_b.gif『長歌行(弐)』感想。


カミングアウト早くないか、長歌。
そして「点穴」って単語久しぶりに見た。武侠w

七世紀 初唐の時代 父母を殺した叔父・李世民に復讐を誓った永寧姫=李長歌 美少年の姿に扮した彼女は朔州の太守・公孫恒に重用される しかしその朔州に突厥の若き将軍阿史那隼の大軍が迫りくる 長歌の運命は急展開を…
夏達(画)『長歌行(弐)』

前巻にて一族の仇・李世民への復讐を成し遂げるため、
朔州の太守・公孫恒のもとで軍師として着々と力をつけていった長歌。
だがその朔州へ外敵である突厥の大軍が迫っていた。
圧倒的な兵力を前に、公孫恒は自らの命をもって朔州の民の助命を長歌に託す。
そして長歌は敵に降った裏切り者と蔑まれつつ、虜囚として突厥へと向かう。
異郷の地で病に倒れた長歌だが、ウイグル族の捕虜の少女に命を救われる。
一方、長歌と離れ離れになった仲間たちは、次の手を講じ始めており…
という感じで、とにかく急展開です。大波乱です。
途中、長歌の吐血にあわわ…ってなります。死んでまうやん!

ちなみに見所は
・公孫恒の奥様の美人っぷり。お美しいです。
・秦じいさんの凄腕っぷり。頼もしいです。

長歌を重用してくれた公孫恒の最期とその後の長歌の運命がつらいです。
ウイグル人であった長歌の母への思い出も楽しいものではなかったようで
2巻はどこもかしこも結構重苦しい雰囲気が充満しております。

個人的には、悪役サイドである李世民の謀臣・杜如晦が好きです。
長歌がどれほど復讐を願っていても「彼女が突厥(外敵)に投降することは絶対ない」
と断言するのですが、その根拠が「彼女は唐の姫だから」というもの。
これは「自分は唐人だからどこに行っても外敵を利することはない」と呟く
長歌の言葉と重なっているのが印象的です。
敵役が主人公の本質を理解してるのって良いよなぁ。
…とは言っても、事実だけ見れば長歌は突厥に投降してしまったので
これからどう転ぶかわからないわけでありますがね。
敵の敵は味方、という言葉もあるし。
とりあえずは、突厥のイケメン俺様武将が今後長歌をどう扱うのか気になります。
posted by まるひげ at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | マムガ | edit | web拍手

2012-11-21

icon_45_b.gif『戦國ストレイズ(11)』 感想。


「あんこくのぶゆき」解放であります。

大勢の人間の想いも空しく、遂に敵味方に分かれてしまった信長と信行。血を分けた実の兄弟が尾張を舞台に哀しき干戈を交えることに…。兄弟の行く末を案じるかさねは、なおも二人の戦いを止めんがために再び戦地で剣を振るう!(単行本より引用)
七海 慎吾(著)『戦國ストレイズ(11)』

兄・信長と決別し、反乱軍の首魁となった信行。
自分に逆らうものはすべて敵だと切り捨てる信長。
この信行造反の裏には織田領を狙う今川軍の策略が…というからくり。
一方、信長の元を離れたかさねは、信長軍にも信行軍にも属さない第三勢力として
両軍を牽制、和解の道を探るべく動き出します。
そんなかさねの元には濃姫や秀吉、半兵衛らが集まり、
信長と信行の戦いを止めさせようとするのですが…。

やぁー、大変大変。
まだしばらく続きそうですねこの兄弟喧嘩。
決着は史実通りだとは思いますが、そこたどり着くまでの
信長・信行をはじめ彼らを取り巻く人々の行動と内面描写が読みどころでしょう。
あと、最近はかさねのポジティブ思考に元気づけられます。ほんとにえぇ娘っこや…。
そして今に始まったことじゃないけど、作品自体の着地点がどこになるのかも皆目わからないw
posted by まるひげ at 03:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | マムガ | edit | web拍手

2012-11-19

icon_45_b.gif浮上+書店パト。


どうも、おひさしぶりですー。
1ヶ月前から忙しかった仕事が一区切りつきそうなので
ブログの方も通常運転に戻そうと思っております。頑張ります。頑張れる。( ← 暗示)
つか11月が来週で終わりってマジですか。

そして今年も空から白いものが舞い降り…いやむしろ
強風とともに結構な勢いで叩きつけるように落ちてきました。初雪です。
なにやら巷では風邪も流行り出してるようなので、
皆様、体調管理には十分お気をつけくださいまし。

本題。
活字を随分読めていないまるひげですが、
「これは読まねばならん!」という新刊を書店で発見しました。


上田 秀人(著)『梟の系譜 宇喜多四代』

宇喜多四代!
文芸誌「KENZ●N」に連載していたとは知らなかった。
帯の「善人で生きていけるか!」に思わず笑みが。
ということで、直家メインの物語だそうです。

そして同じく文芸誌連載作品が単行本化つながりで、こちらが ↓


海道 龍一朗(著)『華、散りゆけど 真田幸村連戦記』

5日に発売になったと聞いたのですが、地元の書店5軒ハシゴしても見つからないわ。
海道さんといえば、「歴●街道」にも昌幸おとん主役の小説が連載中でしたね。
真田ブームなのかしら。

そういえば、日記更新してなかった間に
三國無双7が出るだとか信長のシェフがドラマ化だとか、
気になるネタがちらほら出てきて楽しい思いをしています。
後者はミッチーが信長役だそうで。
直感的にピンときませんが、どんな信長が出来上がるのか見てみたいですな。
posted by まるひげ at 01:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本ネタ | edit | web拍手

2012-11-10

icon_45_b.gif『涙切姫〜のぼうの城 甲斐姫外伝〜』感想。


映画がなかなかの好評価みたいですね。
なによりも「のぼう萬斎サイコー!!」の声が多いのが意外( ← 意外て)。
ヒットしているのなら何よりです。

城主の一女でありながら勝ち気で男勝りな姫武者・甲斐と次期家老・成田長親。そのでくのぼうな風体から“のぼう”とあだ名される長親に甲斐は苛立ちを隠せない。けれど長親の様々な顔を目にするうち甲斐は長親に惹かれていく。そんななか、ふたりの居城に秀吉の軍勢が迫り…!?大ヒット戦国歴史小説『のぼうの城』のスピンオフ漫画!ファン待望のコミックス化!!(単行本より引用)
木嶋 えりん(画)/高橋 ナツコ(原作)/和田 竜(原案)『涙切姫〜のぼうの城 甲斐姫外伝〜』

いわずと知れた『のぼうの城』のスピンオフ作品。
原作に忠実で、よくまとまっているという印象でした。
少女雑誌掲載の作品ということで、時代モノラブストーリーな展開でございましたよ。
正確に言うと、歴史マンガに恋愛要素を足した程度なのでラブ度は激低です。
ちなみに戦が始まるのが中盤からで、戦闘シーンの描写はあっさりめ。

主人公は、忍城城主成田氏の長女・甲斐。
女でありながら男として生きる覚悟を持った甲斐姫が、
家老の「のぼうさま」こと成田長親の人を惹きつける性格と
得体の知れない将器に心惹かれていく…というストーリーです。
背景の「石田三成率いる二万の大軍勢を相手に五百の軍勢で立ち向かう」云々は
もう聞き慣れた口上だと思うので割愛。
つーことで、メインは甲斐姫とのぼうさま。
領民たちとの交流や戦での駆け引きを通し、
のぼうに対する自分の気持ちを自覚した甲斐姫ですが
結局は史実通りに秀吉の側室に…という話になるので、悲恋ENDなわけですよ。

個人的な感想としては、のぼうさまが原作よりも
得体の知れなさ度が高いような気がしました。実は切れ者なんです的な。
オリジナルエピソードである「加藤家の不始末」なんか特に。
甲斐姫は主役だけあって輝いてますね。のぼうさまにぐいぐい迫ってます。
のぼう → 甲斐姫への本音の感情は最後の最後に明かされます。

おっと、忘れちゃいけない脇役の方々。
重臣の正木丹波や柴崎和泉もちゃんと登場。
イケメン酒巻は可哀想なことに当て馬っぽい役周り。
終盤で登場の敵方総大将の三成が結構いい感じでしたね。
敵方と言えば、長束さんがやっぱり小物キャラでどうしようもない。
何気にかっこよかったのが甲斐姫の義理の母・珠。
ふくよかでおっとりした人なのに、芯の強さを感じさせる女性でした。
posted by まるひげ at 23:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | マムガ | edit | web拍手

2012-11-08

icon_45_b.gif『いとしのムーコ(1)』感想。


あっという間に読み終わっちゃいますが、何度読み返してもかわいいです。
ムーコをなでくりまわしたい…。

こまつさんが はやく いぬになれますように! 吹きガラス職人こまつさんと愛犬ムーコのラブリーでランデブーな日々、はじまる(単行本帯より引用)。
みずしな 孝之(画)『いとしのムーコ(1)』

吹きガラス職人として山奥に工房を構える「こまつさん」と愛犬ムーコの日常を描いた
犬目線のエッセイ(?)マムガです。
作品のモデルは実在の人物&わんこだそうで。

作品の特徴としては、ムーコのこまつさん大好きっぷりが激しくてかわいいってことです。
自分のしっぽ追いかけてぐるぐるしたり(たまに池に落ちる)、
つやつやのお鼻自慢したり、
ガラスのぴかぴかっぷりに嫉妬したり。
ムーコはこまつさんの言うこと理解してるのに
こまつさんはムーコの言ってること理解してないのがなんだかかわいそう(苦笑)。
でも、そのすれ違いのドタバタが面白いのですよ。
ムーコの動作や思考がいちいち笑える本でした。
柴犬好きの方にオススメしたい1冊であります。

ちなみに、脇役もちょろりといらっしゃいます。
動物病院のオネェ先生と
強面巨漢のウェブデザイナー・うしこうさん。
うしこうさんが撮った、ちょっと残念なテンションのムーコ、
あれはあれで味がある姿だと思うぞ。
posted by まるひげ at 00:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | マムガ | edit | web拍手

2012-11-07

icon_45_b.gif『信長のシェフ(5)』感想。


ここの光秀好きです。渋い。
なんつーか「明智!」って感じ。(なにその感じ)

信長の命により、戦国最大の商業都市・堺へ向かったケン。だが、堺の豪商たちは信長に恨みを抱いていた。さらに石山本願寺には奇妙な菓子を作る料理人が!現代の料理人・ケンを取り巻く状況が目まぐるしく動き始める!(単行本より引用)
梶川 卓郎(画)/西村 ミツル(原作)『信長のシェフ(5)』

信長の命により堺にある鉄砲と火薬をすべて買い付けるように言われた森可成&ケン。
しかし、堺を牛耳る納屋衆は一筋縄ではいかず。
そこで信長の料理人と噂高いケンが料理で納屋衆を説得することになり…というのが前半の展開。
後半では石山本願寺との戦いが始まります。

新キャラもちらほら。
顕如さまと納屋衆の皆様、
特に気になるのが石山本願寺に身を寄せる女性「ようこ」。
この人もケンと同じような身の上っぽい描写でしたが、とりあえず初出なだけです。

今井宗久がコミカルな脇役でいい味出してます。
小賢しいエロ親父なんですが、なんか憎めない。
あと利休。戦闘シーンかっこいいよ。
その他、楓の微デレがあったり、
夏と蘭丸が兄弟みたいで可愛いかったりしてます。

料理はバナナの酵母でこさえたパオン(パン)と
「ぺ・ド・ノンヌ」、マロングラッセ、きりたんぽ鍋、さらに茄子のフルコース。
「ペ・ド・ノンヌ」は揚げシューのお菓子ですかね。

それにしても、めまぐるしい展開ですなこの巻。
合戦あり調略あり、ケンは東へ西へと忙しいです。
歴史を変えてしまうかもしれないという恐れを抱きながらも
自分がやるべきことは「その時のベストを尽くして料理をつくること」だと決心したケン。
そして、これまでライバル皆無の一人勝ちだったケンですが、
もうひとりの料理人の存在がどう絡んでくるのか、見物でございます。
とりあえず、次巻は宇佐山城攻防戦がメインになるのでしょう。
可成退場への舞台が整ってまいりました。
posted by まるひげ at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | マムガ | edit | web拍手

2012-11-03

icon_45_b.gif『デッドマン』読了。


図書館レンタ本。

シリーズ化しても良さそうな作品ですな。
「先が気になって仕方ない!」…ってわけでもないのに
気づけば一気読みしてました。所要時間2時間ドラマぶん。

東京で身体の一部が切り取られた猟奇死体が次々と発見された。鏑木率いる特別捜査班が事件を追う中、“死体から蘇った"という男から一通のメールが届く。自分を殺した犯人を突き止めるために協力したいとあり……(アマゾン・レビューより引用)。
河合 莞爾(著)『デッドマン』

第32回横溝正史ミステリ大賞大賞受賞作品。
エンタメ警察ミステリ…というよりはサスペンスドラマ的な読み口でした。
バラバラ殺人事件やら医療事故やら、凄惨な内容のわりにはさらりと読めます。
犯人の詰めの甘さ、後半の展開のベタっぷり等、
粗いところはあるけれどテンポの良さとキャラ造詣は高得点でありますな。

メインの登場人物は刑事4人。
仕事熱心ではあるもののイマイチ冴えない中年警部補・鏑木。
鏑木の同期で体育会系の正木、
お坊ちゃんで傲岸不遜な刑事オタクの姫野、
真面目で神経質な犯罪プロファイリングの専門家・澤田。
この4人が協力したりどつきあったりしながら連続殺人事件を解明していく展開となります。

そんな警察サイドと並行して描かれるのが、
事件の被害者たちの身体の一部を寄せ集めて生まれた「デッドマン」の物語。
最初は身体を動かすこともできなかったこの人物が
徐々に人間らしく動くことができるようになるにつれ、
自分がつくられた理由、元の身体の持ち主たちを殺したのは誰かを知るために
あろうことか警察とコンタクトを取ろうと動き出します。
両者の接触により、状況が大きく進展するのですが…。

正直、ここらへんでからくりが読めてくるんですよね(苦笑)。
…えぇ、わかっておりますよ。
死体を寄せ集めて人間を作り出すっつーネタからして釣りであると。

謎解きとしては、鏑木が推理した「犯人の狙い」がポイント。
怨恨でもなく変質者によるものでもなく隠蔽が目的でもないとされるこの連続殺人事件。
首無し・胴体無し・手足無しの死体が出てくるので、
現場から持ち去られた部分に犯人の目的があると考えるのが順当。
ところが、犯人の意図は「(身体の)残りの部分を置いてくる」ことにあったのではないか、
という発想の転換が最大のヒントですな。
あんまり言ってしまうと面白くなくなるのでここまで。

iPS細胞のくだりがとてもタイムリーなネタだったり
プロファイリングや鏑木の推論法、
叙述トリック的要素があったりと細部も楽しく読ませて頂きました。
あと、退職した中山の刑事魂が一番かっこいいと思うんだ。
posted by まるひげ at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | edit | web拍手
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。