2012-09-30

icon_45_b.gif『細川三代 幽斎・三斎・忠利』読了。


今月の積読本消化1冊目。

個人的には、徳川の世になってからの忠興 → 忠利あたりの処世術の変化を
手紙の遣り取りで読み取っていく構成が面白かったです。
誤植がちょろちょろあるのが「ん?」ってなりますが…。

栄華四百年の原点。徳川政権において、外様には異例の五十四万石の地位に昇り詰め、現在まで栄華を伝える細川家とは? 文武両面に精通し、絶妙な政治力・文化力を駆使して織豊期を生き抜いた、その草創のドラマを描く(単行本帯より引用)。
春名 徹(著)『細川三代 幽斎・三斎・忠利』

どんな本かと聞かれるまでも無く、タイトルの通り
肥後細川藩初代の幽斎から忠興、忠利…と三代に亘る藩主の物語。
文化と政、そして戦の関係が複雑に融合している時代の真っ只中、
御家存続のため苦心した大名家の歴史の裏側を垣間見ることができます。
また、おまけと言っても良い終章では、
細川家と赤穂浪士、さらに桜田門外の変にまで言及しておりました。

藩主のなかでは、とりわけ幽斎に焦点が当たってます。
幽斎の章が一番ページ数が多いのはもちろんのこと、
忠興の章になっても
忠利の章になっても
ちょくちょく登場します幽斎おじいちゃん。
なんといっても、
足利家 → 信長 → 秀吉 → 家康と、主君が変わる激動の戦乱期において
抜群の政治感覚を武器に高い地位を保ち続けた幽斎の処断が見事です。
幽斎と忠興の微妙な距離感、
権力者に近付きすぎる息子を一歩引いたところから冷めた目で見る反面、
やはり父として子を想う気遣いをちらりと覗かせているところなんかも読みどころ。

戦と政で多忙な時期に比例して、
連歌を代表とする文化活動が活発になっている幽斎。
歌についての解説も多く記述されておりました。
田辺城籠城の際の古今伝授の儀は、朝廷との駆け引きが確信犯的で面白い。

戦国から泰平の世への変革期が舞台となる中盤以降、
権威も人々の価値観も大きく変わった時代に家名を維持するため
幕府に対して配慮に配慮を重ねた処置の数々は読んでいて胃が痛くなるほど。
読み切るのに結構体力が要りますが、
草創期藩主三代の事績が詳細に描かれているので勉強になりました。
posted by まるひげ at 01:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時代・歴史モノ | edit | web拍手

2012-09-29

icon_45_b.gif『レオン氏郷』読了。


図書館レンタ本。

登場人物のビジュアルがへうげキャラで脳内再生されたのには終始困った。
特に利休と政宗。
後者は徹底的に悪役でした。まぁ…氏郷主役じゃ無理もないか。

先の見えすぎた男が背負った重き十字架。
信長が惚れこみ、秀吉が畏れた武将・蒲生氏郷の知られざる生涯を描く(単行本帯より引用)。
安部 龍太郎(著)『レオン氏郷』

最近、安部作品を読んでいないのでなんとも言えませんが、
今作は人物描写が浅いという印象を受けました。
わざわざ洗礼名をタイトルにしてるので、
もっとキリシタンとしての氏郷が描かれていると思っていたのですがなぁ。
武将としてもキリシタンとしてもなんとなく中途半端な描き方になってる気がする。
あ、でもボリューム多めなわりにはさくさく読み進められますぞ。
とりあえず以下にあらすじをば。

父・賢秀に見せられた地球儀の美しさに魅了されて以来、
漠然と南蛮世界への憧れを抱くようになる幼少期の氏郷。
そんな折、圧倒的な存在感を持つ信長と織田勢の戦い方を目の当たりにした氏郷は、
天下の先に世界を見据えている信長に従うことを決意する。
信長の元で順調に出世していく氏郷だったが、
目的のためには手段を問わない信長の姿にやがて疑問を抱くようになる。
その後、信長を失い、秀吉に失望した氏郷は、絶対的な心の拠り所を求め、
キリシタンとして神への信仰に生きることを誓う。
しかし、氏郷の存在を疎んじるようになった秀吉は策謀をもって氏郷を陥れようとし…。

という展開です。
・・・・・
あらやだ、あらすじというかこれネタバレじゃないの。
中盤まではやや単調な筆致なのですが、
終盤になると氏郷と秀吉、政宗との対立で緊迫感が増し、
権謀術数のアレやコレやで面白くなる…と思ってるうちにM・D氏に毒盛られて終わり…
というバッドエンドでした。

期待したほど逸話やら小話やらが挿入されず、
信長や他の大名、臣下たちとの交流が少ないのが残念なところです。
どうでも良いが、入信を勧める右近さんがちょっと詐欺っぽくてうさんくさかった。
posted by まるひげ at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時代・歴史モノ | edit | web拍手

2012-09-26

icon_45_b.gif浮上。


ど、どうもおばんです。
長らくお留守にしておりました。
このところ、公私共に忙しくパソコン開かず寝てしまう日が続きまして。
今月上旬に買ったマムガも書店の袋に入ったままだぜ!
プライベートの方は落ち着いたものの、仕事はこれから忙しくなる時期なのですが
精神的にちょっと余裕ができたような感じなのでこの隙に浮上してみました。

それはそうと。
明日は小田原で「忍者サミット」なるものが開催されるそうですね!

http://www.odawara-kankou.com/event-y/09/index2.html

スケジュールを見ると
開始早々ニンジャアトラクションというのにビックリしますが、
地域活性化やら城下町の観光街おこしがテーマの講演あり、
伊賀&甲賀の代表者あり、れきっしゅあり、ゲームあり…
ちょっと離れたところから見てみたい気持ちが湧き起こる催しもののようです。
しっかしこれ、平日にやるのか…。
参加なさった方のレポを拝見するのが楽しみです。
posted by まるひげ at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 気になるもの | edit | web拍手

2012-09-16

icon_45_b.gif『日本海軍菊花聯合艦隊弐』感想。


長門と金剛の姐さんズ、強…むしろ怖いw
最後の出撃直前の、瑞鶴と艦載機のくだりが良いですね。
瑞鶴、なんてかっこいいぱっつん&おかっぱ。

激動の時代に生まれた“彼等”を擬人化という 全く新たな視点から描き出す、語られる事のなかった物語。戦い、傷付き、そして沈んでいった彼等がもし、人だったら――…。感情という生命を得て、一体彼等の瞳には何が映るのか。熱く滾る艦たちの想いを最後の瞬間まで、見届けて欲しい(単行本より引用)。
牧(画)『日本海軍菊花聯合艦隊弐』

4コマは1巻と同様のにぎやかなギャグ、
ショートストーリーの方は、やっぱり哀しい展開に。
どこもかしこもつらいわー…。

あ、すいません前巻の感想文で言い忘れましたが、
ショートストーリーはメインが太平洋戦争となっていて、ざっと見ると

1巻(8話収録)…
日露戦争前夜→(間)→スバラヤ沖海戦 → 真珠湾攻撃 → ミッドウェー海戦 → マリアナ沖海戦
2巻(8話+描き下ろし収録)…
レイテ沖海戦(時系列の前後あり)→ 大和沈没 → エピローグ

大体こんな流れです。
たまに戦闘描写がゼロで、キャラクターメインのお話が挿入されてたりします。
大和&武蔵兄弟、実のところ、武蔵の方が依存度高いと思うんだ。
…それにしても、武蔵の「不沈艦」の名は伊達じゃないですな…頑丈だ。いや沈んじまったけど。

ラストが良いですね。
エピローグ、三笠の「峡谷の跫音」が切ないなぁ。
本編ストーリーは、戦艦が失われていく悲しい話ばかりなのですが、
このエピローグの存在のおかげで、希望が感じられる読了感となっております。

いやそれにしても、三笠は美味しいキャラですな。
4コマではいじられ役、
ショートストーリーでは、英雄艦としての名誉を与えられていながらも
実際には戦えない艦として仲間を見守ることしかできない心痛を抱えているという役回り。
そして概観してみると、三笠で始まり三笠で終わる構成になってるし。
うん、やっぱり美味しいとこ取り(笑)。

キャラ話に流れてしまいましたが、この戦艦擬人化作品はとりあえず2巻でおしまい。
悲愴で重苦しくなりがちな戦争モノを新たな視点で読ませてもらいました。
ちなみに本誌(「Comic Be」)では新シリーズが連載決定だそうです。
「次の擬人化は艦だけじゃない!」云々の予告がありますが…
え、次も擬人化なのwという第一印象でんがな。
posted by まるひげ at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | マムガ | edit | web拍手

2012-09-10

icon_45_b.gif『日本海軍菊花聯合艦隊』感想。


ミリオタじゃないんですが、軍艦とか戦闘機とか結構好きです。

つーことで、
世間の流行に遅れた感がありますが(いつもだろ)
昨年発売の日本帝国海軍軍艦擬人化マムガを買ってみた。
軍艦の視点から自らの役割と戦争を描いた作品…と紹介するのはちと大げさか。

様々な艦が活躍した第二次世界大戦。その歴史を身近に感じることは難しい。しかし海軍を知れば、そこには独自の文化があり、教科書の中で他人事のように感じていた文章には、自分と何ら変わらない“人間”が居たことを実感できる。艦を擬人化するという新たな視点から、誰しもが知るべきである歴史に触れるきっかけとするのは如何でしょうか(単行本より引用)。
牧(画)『日本海軍菊花聯合艦隊』

アマソンレビュー見てみたら、評価分かれているようで。
・・・・・
確かに、人を選ぶ作品ではありますな。いろんな意味で。
自分は好きですよ。
予備知識ゼロの状態で手に取ったのですが、
pix●vとかジュ●ア掲載の作品だったんですね。
レーベルがレーベルなもんで、BL?と思いつつ読んでみたところ、
むしろイケメンばっかりなわりには意外なほどBL臭がしないです。
海軍の知識あった方がより楽しめそうですが、無くても面白かったです。
解説もついてるし。
それほどコアなネタがあるわけでもないし。

内容は、
「海軍あるある」的ギャグの4コマとどシリアスな短編ストーリー漫画。
しかもこのストーリー漫画の方は、
彼らが活躍していた太平洋戦争真っ只中が舞台なので、
読んでいると擬人化といっても萌えどころじゃないです。
あぁもう、悲しくなるから4コマだけで十分ですよ!
だって最終的にキャラのほとんど死んじゃうでねぇか!!つらいわー。

ちなみに、キャラ設定だけでも楽しいです。
デザインに中二っぽいところが若干ありはしますが。
メインで登場するキャラたちを簡単に紹介すると…
お坊ちゃん兄弟の大和&武蔵、
英国生まれの愉快なお兄さん・三笠、
キャバ嬢ばりの盛髪でござる口調の扶桑、
パッツンおかっぱでS属性な幸運艦・瑞鶴&M属性な不運艦・翔鶴、
上半身重装備なのに何故か短パンのツッコミ担当・妙高、
その他諸々。
米海軍のエンタープライズがタフなおっちゃんで素敵です。
当時の人気としては「長門」「陸奥」が花形でしょうが、
ここではちょろっと顔出るくらいです。

主人公は大和…なんですが、
他のキャラたちが大層賑やか&個性のカタマリなので、
正直言って大和の影は薄いです。
個人的に、艦載機の零戦が鷲(鷹?)なのがとてもツボ。かっこかわいい。
posted by まるひげ at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | マムガ | edit | web拍手

2012-09-09

icon_45_b.gifずしりと重い…書店パト。


本日、『光圀伝』目当てにいそいそと書店行ってみたら。
想像以上のボリュームにビビったので、今日のところは購入見送り。
いずれ…読むよ…(目を逸らしながら)。
巷の評判もすこぶる良いみたいですね。
「徹夜して一気に読み終えた」という声をよく聞きますが、
あのページ数(751頁)を徹夜して読破できるのがすごいわ…。

とりあえず購入ブツは以下3点。


三津田 信三(著)『ついてくるもの』

短編集はイマイチ…と思いつつもやっぱり買ってしまう三津田作品。
カバー素敵ですなぁ。



夏達(画)『長歌行(2)』

男装の美少女が主役の唐代マムガ新刊。
2巻表紙は突厥のイケメン将軍様ですか。



オノ・ナツメ(画)『つらつらわらじ(4)』

参勤交代マムガ新刊。
posted by まるひげ at 03:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | edit | web拍手

2012-09-05

icon_45_b.gif今まで無かったのが不思議なような。


日記のネタが無いので、先日書店で見かけたポスターについて呟いてみる。

11月11日(日)、第1回「日本城郭検定」が開催されるんですね。

日本城郭検定 → http://www.kentei-uketsuke.com/shiro/

開催地は会津若松/東京/犬山/大阪/熊本。
受験会場別限定特典もあるそうな。
今のところ、熊本の限定特典しか紹介されておりませんが、
他の会場ではどんな特典があるのか気になりますね!
いや、受験しないんだけどさ…。
第1回なので実施級は2級と3級のみ。
なんでも初回開催の検定ってどきどきします。

そういや、先週土曜に開催されたこちらも第1回だったんですね。

日本城検定 → http://shiro.rekishiya.com/

応援の声にゆるキャラたちがw
posted by まるひげ at 03:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 気になるもの | edit | web拍手

2012-09-01

icon_45_b.gif『関ヶ原争乱録 廻天の掟(一) 三成の決意 吉継の疑惑』読了。


8月の積読本消化2冊目。

一番気になるのが、黒幕なわけですよ。
尾山さんは昌幸お好きらしいので
この人が美味しいとこ持っていく可能性が高いのだが。
…とはいえ、この巻でもう十分はっちゃけちゃってるしなぁ。

あと、刑部の保護者っぷりがいつもより磨きがかっているような。
二人の仲が良すぎてたまにこっ恥ずかしい。


尾山 晴紀(著)『関ヶ原争乱録 廻天の掟(一) 三成の決意 吉継の疑惑』

まずは公式あらすじをば。

慶長五年。家康討伐の軍を挙げた石田三成の元に、一通の書状が届く。
そこには、士気の上がらない西軍の現状が記されていた。
豊家安泰のために皆が団結していると信じて疑わなかった三成は、
急遽、伏見城に向かい、宇喜多秀家や吉川広家らを叱責。
三成の傲慢さに不満を抱きながらも、彼らは翌日に城を落とした。
さらに三成は、宇喜多秀家らを伊勢平定に、立花宗茂らを田辺城に向けさせ、
自身は大坂城から毛利輝元を出馬させる。三成の打つ手が全て成功するなか、
この三成らしからぬ迅速な行動に、盟友・大谷吉継は疑問を持つ―
三成の背後に誰かいるのではないか?
さらに、失地回復を目指す家康が西進を開始。果たして天下を二分する戦いの行方はいかに!?
(新書帯より引用)


以下、ネタバレ注意の感想文です。

posted by まるひげ at 01:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時代・歴史モノ | edit | web拍手
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。