2008-02-29

icon_45_b.gif2月概観。


取りかかったまま放置してる活字がわらわらあるなか、
2月は映像に心奪われてたわけですが。
最近ほぼ毎日見てしまうのが、コレです。



1話が1分半のショートアニメ「ウサビッチ」。
ブラックユーモア好きな方ならハマるんじゃないかと。
シュールです。
大人のアニメです。
でもこの悪ノリ感は嫌いな人も多いだろうなぁ…。
ニコ動の方がツッコミ(コメント)つきなんで面白いんですが、
プレミアム会員じゃないと24時間見れないので
自分のようなノン会員の方はこの時間だとよつべさんで見られます。
近頃よつべさん引用が多いな。



公式サイトでも見られますけど、1話毎にクリックするのが面倒だったりして…。

プーチン(緑の方)がすげぇ可愛いです。
第1期(第1〜13話)は監獄内でのドタバタです。
今思えばこの頃はキレネンコ(赤い方)の壊れっぷりがまだそれほど酷くなかった…。
第2期(第14〜26話)は創造神と破壊神の物語…。

オススメはヒロインのコマネチ。キモ可愛いひよこです。
ヒゲの剃り跡が青々しいところまで愛らしい。
posted by まるひげ at 23:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | edit | web拍手

2008-02-28

icon_45_b.gifということで。


昨日の日記にアップした、甘損で頼んだDVDが来ましたのだ。
ずっと前から「いつか買うんじゃないか」と思とった香港映画です。
3〜4ヶ月に一度、無性に見たくなってその度にレンタしてきたんですが。
ついに。
効率悪いことに気づき(遅)、買ってみた。
香港ノワールばんざい。

インファナル・アフェア 3部作スペシャルパック

言わずと知れたハリウッドでのリメイク作『ディパーデット』の原作映画です。
二番煎じ『ディパーデット』がなんとアカデミー賞4部門取ったと聞いても、
こっちを先に観た者としてはレンタする気すら起きないってなもんです。
おぉ、珍しく強気な発言だな自分!

しかしこれ注文する時、
この「3部作セット」か「1作目のみの特典付きデラックス版」か、
どっち買おうかすごく迷いました。
だってリピートするのは絶対1作目だけなんですもの。
デラックス版の方はED曲プロモ+サントラつきなんですよね。
サントラはレンタ済みだから不要だとしても気になるのがプロモ。
いとも豪華なアンディ=ラウとトニー=レオンのデュエット曲「無間道」。
…多分こんな感じ↓なんでしょうか?



耳に残るんですよね〜。
そして脳内リピートしてるうち、
途中からイーキン=チェンの「友情歳月」とカブるという罠。
…まぁ中国産の音楽ってこれに限らず「歌謡曲」て曲調なんですがね。
つーかこのブログ見てる人でイーキン=チェンの曲なんか知ってる人いるんか。
香港映画ブログでもないこのごった煮ブログで!
もしいらっしゃいましたら問答無用でお友達決定ですので覚悟召されぃ。
なにやらこの「無間道」、広東語版と北京語版があるようでして。
映画で使われたのは広東語版の方なんですが、北京語版も聞いてみたいなぁ。

・・・・・

はっ!
すっかり映画より主題歌に話がズレてしまいました。
まぁいっか。いつものことだし。
ということで、次の休みにでもゆっくり観たいと思います。
posted by まるひげ at 02:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | edit | web拍手

2008-02-27

icon_45_b.gif尻拭い、そして嫌がらせ。


もう昨日になってしまいましたが、火曜はお休みでした。
しかし母親がレンタ延滞したDVDを返しに行かねばならなかったのですよ。
まぁ要するに尻拭いですな。
延滞といってもほら、アレです。
10時(開店時間)までに返却ボックスに入れたらセーフ、
それ以降に店頭に返却だったらアウト、てやつ。
ということで9:50あたりにボックスに入れ、
その後近くのスーパーで買い物して時間を潰し、10時過ぎに何食わぬ顔でツタヤに来店。
うん、セコイというかみみっちいというかw
つーか尻拭いで延滞料300イェンも取られる自分の身にもなってくれたまえ。
小市民は必死なのだよ。

で、購入したモノ。


山下 和美『不思議な少年(6)』

なんだか新刊久しぶりだなぁと思ったら前巻出たのって一昨年だったんですね。
そら結構久しぶりだ。
今回も少年はふつくしい…。
1作目はなんだか手塚っぽかったような。
自分、ストーリーの最初と最後が繋がってる構成(最初と最後が同じ場面というか)
が好きなので話の展開的には良いのですが、
内容がちょっとやるせない感じ。

前後編になってる<ムメキクと周平>、これが一番好きだなぁ。
結局ハッピーエンドだし。
少年がこんなに人間の運命に干渉するのって珍しいですね。
ムメキク、あの自信はどっから来るんだ…(笑)。
たくましい娘だなぁ。
そしてこの話ではいつものタートル+ジーンズ姿ではなく
白装束だったのがポイント高いところですな。



漆原 友由紀『蟲師(9)』

前々々巻くらい前から積んでますがとりあえず買っておく。

本当は昨日は甘損に注文したDVDを見る予定だったんですが、
発送の都合で明日(今日か…)到着することになってしまいました。
…予定が狂ってしまったので大人しくゲームしてましたよ。
そして自分が休みなの知ってていやがらせ電話かけてくる母親は人非人だと思いました。
posted by まるひげ at 01:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | edit | web拍手

2008-02-24

icon_45_b.gif吹雪のポストにひっそりと。


もののけがはいってた!
ということで、つい甘損でぽちっとやってしまったのが届きました。
メール便で来るとは思わんかったよ。


モノノ怪 伍之巻 「化猫」

アニメのDVD買うなんて雪風ぶりです。
自分、映像作品は基本的にレンタで済ますタイプなんですが、
たまーにひどくハマると購入してしまいます。
あと、繰り返し見ると確信したやつですかね。

買ったのは5巻なんですがまだ1〜4巻見てなかったりします。
買おうかなと思っていたところに、
ありがたくも同志さんが「貸すよ〜w」と言ってくれたので
あつかましくも自分は買わずにただ待ってるだけです。
まぁオムニバスだからどっから見ても良いんですが。
でもやっぱり放映順に見たいのだ!と、妙なところにこだわるO型人間。
なので、買ったのは良いのですがまだ見られません。
積ン読ならぬ積みDVD。
「怪〜ayakashi〜」の方の化猫話見ながら気長に待つことにします。
あれ、ニコ動のコメント見てからは色々笑いなしでは見られなくなりましたよ。
KY伊國さまが結構好きです。
そして「オーケーイエロー!!」「みかん!」が頭から離れません。
それにしてもみじゅえ様の中の人は凄いですね。
あの絶叫…喉痛めるよ…。
大詰めの回は何度見てもちょっと辛いんですよね…。

はい、ということで、最近甘損に頼りっぱなしです。
一週間に3回オーダー。
そろそろ「いい加減にしくされよお客様」て言われそうな気がする。
あ、あと佐川のおにいちゃんにも…。
いつも不在でごめんなさい。
posted by まるひげ at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | edit | web拍手

2008-02-23

icon_45_b.gif今夏公開予定のあの映画。


くあー!!
前回の日記で「のちほど」って言ってたくせに更新翌日になってるやん!
みくしの日記書いてたら時間かかった…。
気を取り直して本題。
えっと…何の話だっけ。



そうそう、フー=ジュンね、フー=ジュン。

何年前から言われてるのかもはや忘れてしまったジョン=ウー監督の三国志映画。
タイトルは「赤壁(Red Cliff)」
レッドクリフ、て…。
カタカナ読みはないだろう。
もうちょっと横文字タイトル捻れ。
せめて日本では「せきへき」のままでお願いしたい。

フー=ジュンはこの映画の趙雲役だそうです。
…項羽=趙雲てことか…うん、まぁ許せる範囲かな。

公式サイトはコチラなんですが、まだ充実してないです。
トレーラーはおろか、キャストすら2名分しか載ってません。
今秋の北京オリンピックにぶつけるみたいですよ。
公開は夏休みだとか。
そして長くなっちまったようで、2部構成になってるみたいです。
つぅか溜め期間長かったなぁ。
キャストも色々変わったようですし。
自分が初めて聞いたのは周瑜がジェット=リーとかいうネタでした。
これ知ったときに中国人の「美」意識を疑った。
ガセネタだったのかなぁ?
ガセに違いないと思いながらも
その後正式発表で出た新たな俳優さんはチョウ=ユンファ。
ねぇ、チョウ=ユンファだよ?伊武さんだよ(似てますよね・笑)?
これ知ったときに中国人の「美」意識を(ry

そして色々な大人の事情でチョウ=ユンファが降板し、
結局「美」周郎役はトニー=レオンに。
トニー=レオン…。
吐血してくれんのかなぁ…(そこ重要?)。
自分のなかで最近、トニー=レオンは
「堺雅人+小日向文世÷2」の公式が当てはまってるんですけどどうでしょう。

そしてこれもこれだ、と思うのが金城武の諸葛亮
えー…本気で?
笑えってことか。

とりあえずなんか良い画ないかと検索した結果、
画像はすごく粗いものの、やはりよつべさんとこがベストかと。



あぁ…ジョン=ウー作品だ(笑)
趙雲登場シーンはいわゆる無双4のOPですね?
甘寧が中村獅童なのか…。ガラ悪くて良いんじゃないでしょうか。
そして孫尚香役ヴィッキー=チャオが雄雄しい。
などと、つらつら眺めていると…

おっとキた金城ーーーッ!
2:03〜2:07、ここですね!!
「風よ吹け〜」なシーンですよねこれって。
なんだこのつぶらな瞳の諸葛亮は!!!
よし、観にいけってことだな。

でっかいスクリーンでかっわゆい金城を愛でに。

ちなみに、この動画から芋づる式に関連動画見ていくと面白いものが釣れます(笑)。
プレス会見は必見だぜ!
親切なのは字幕付の方ですが、ツッコミ満載なのは字幕付かない方。
なんで魯粛役・侯勇(ホウ=ヨン)の背景画像が司馬懿なんだろうか…。
posted by まるひげ at 02:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるもの | edit | web拍手

2008-02-22

icon_45_b.gifでも多分レンタで済ます。


先日購入メモで画像もらいに甘損に遊びに行ったら、
気になるものを発見。

大漢風 項羽と劉邦 DVD-BOX1

中国のTVドラマシリーズがDVDになりました!らしい。
日本でいう大河みたいなもんでしょうかね。
全50話だそうなので、ボリゥム的にも同じだし。
ドラマの内容よりまず気になるのはやはり配役。
やっぱり劉邦よりは項羽が気になるよね、ということで項羽役は…

胡軍(フー=ジュン)。

…て、誰?

なになに、「インファナル=アフェア」の第2章に出演してた人ですって?
だったら見てるはずなんだがなぁ…。
なに?諜報部の警察官役??
…もしかして、あの爆死した人ですかね?
あぁ、あの人か…うんまぁ良いんじゃないかな。

このパッケージだったら右側の人ですね。
劉邦側は韓信とか陳平とか蕭何とか、誰やるんだろう。
張良は期待しないな。いっそ女の人がやったら良いよ。
往年の「西遊記」の玄奘三蔵役が夏目雅子みたいなノリで。

そうそう、フー=ジュンといえばですね。

…あ、確実に長くなりそう。
ということで、続きはのちほどアップします。
posted by まるひげ at 01:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるもの | edit | web拍手

2008-02-21

icon_45_b.gif2月は自重…だとか?


本で金遣わなくても他のメディアで金遣う。
出るとこは同じなんだよまるひげさん。
アンタ2月のアタマに結構デカイ買い物したじゃないの。
いやいや、金は天下の回りもの。
我ら小市民が回さずに誰が回すのだ!
ジリ貧が大層なこと言ってますがそれはそうと購入メモです。




駒崎 優(著)『運命は剣を差し出す(1)〜(3)』

大丈夫!今月は本まだ5冊しか買ってないよ!
突如として以前の感想文に載せたラノベ、部分的に読みたくなってつい甘損で購入。
白状しますが、前回は図書館から借りましたのだ。
ということでシリーズ全3巻お買い上げ。
最新刊は積読。
おっさんのへタレっぷりとシャリースの苦労人っぷり、
マドゥ=アリの萌えっ子っぷりよもう一度。


DEVIL MAY CRY2 SOUND DVD BOOK DANCE WITH THE DEVIL

DMC2のBGMが聞きたくなって。
2だけ見たこと無かったからついでに買うた。

え?DMC4?

ごめんなさい、とりあえず鬼武者3終わったら本腰入れるわ。


SKILLET「Comatose」

リンキンぶりに買った洋楽。
よつべさんとこで出会ったロックとポップの中間くらいのバンド。
個人的には1と5と10がお気に入り。
国内版は発売されてないのでインポート版で購入。
インポート版て天井がシールで封されてんですが、
自分あれうまく開けられないんですよね。
シールの跡が必ず残ってしまいます…イラッ。

あともうひとつは予約の品。

こんな感じです。

やっぱり今年は金遣い荒そうな予感です。
いやこれはすでに予感ではない。
確信だ。
posted by まるひげ at 03:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | edit | web拍手

2008-02-20

icon_45_b.gif録画録画。


今日10時からのNHK「その時歴史が〜」、清正でしたな!
忘れずに今から予約を…。
あー、そういえば先週の正則まだ見てない…。
セットで見よう、セットで。
posted by まるひげ at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | edit | web拍手

2008-02-18

icon_45_b.gif新潟からの。


ステキな贈り物。
我が親愛なるヲタもだちより頂きました。

並べてみたw アップ

made in 新潟のお菓子です。
どれも美味しいんですよーwww
誰かさんの兜の形状の人形焼…もみ●まんじゅう系
「情けの塩最中」…求肥入りの最中
「出陣餅」…きなこをまぶしたよもぎ餅+黒蜜

「愛」は…うん、裏までちゃんと型がついてるのが細かいですね。

しっかし、宅急便がクール便で届いたのは之如何に。
お菓子と一緒に入ってた本とかゲームとか冷え冷えになってるじゃないの。
宅急便さん、指定もされてないのにクール便で持ってくるのはヤメテクダサイネー。


で、本題。
このお菓子と一緒に、ちょっと前から貸していた「鬼武者3」が帰ってきたのですよ。
電話でヲタ話をしている時に鬼武者の話になり、
自分が「3の神OPが見たいのでしてたもれ」
突然お願いをしたにもかかわらず、快く即座に返してくださいました。
ごめん…あなた左馬介大好きなのに…!
そして新鬼武者の設定資料集貸してくれてありがとう!
キャラ案に豊臣恩顧と幸村&真田十勇士が入ってたのが意外でしたね。
結局総ボツだったけど…。
次回作で誰か出ると良いですね。

以下、ダラダラと鬼武者語りです。
もう時効かとは思いますが、当たり前のようにネタバレしているのでご注意ください。


posted by まるひげ at 02:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | edit | web拍手

2008-02-16

icon_45_b.gif久々にゲームの話題。


先日、PS3を買ってしまったという日記を分かりづらい画像とともにアップしたわけですが。
はい、あれからアース線は見なかったことにして無事設定を終え、
トロを見たりプロモビデオを見たりDMC4を遊んだりしています。

・・・・・
いや、話はPS3のことではなく。
4月3日に発売になる「無双OROCHI魔王再臨」のことについてなんです。
猛将伝キャラ追加や伏犠&女カやら参戦で「ふ〜ん」とか思ってたんですよ。
で、今週また追加キャラの発表があったそうですね。
なんでも、新キャラは太公望と平清盛だそうで。

ん?
清盛??
源平までキたのか…。

そもそもOROCHIは三国志と戦国のコラボだという気がしたのですが。
伏犠やら女カは三国の方の無双で隠しキャラだったんでまだ分かる。
けど、清盛は!
…まぁいろいろ都合があるんだろう。都合が。
ということで、ヒゲ老人とタコ老人の画像求めて公式行ってきました。

ぱち〜ん(クリック音)。


うっひゃあ!!

太公望…!
おじいちゃんじゃないんだ…。
太公望のタグは「美少年、策謀好き、頭脳明晰、自信過剰、尊大な口調」だそうですよ。
えーっと…位置的には陸遜と三成の間くらい?
武器が「宝貝(パオペイ)」て懐かしいなぁ…。
フジリューの封神演義読み返したくなりますね。
声は誰になるんでしょうねぇ。

どれ、気をとりなおしてタコを…。

ぽっちーん。


おっひょー!!

人外…。
前頭部のあの角はなんだ。
デコから脳みそ見えてんじゃん…(模様です)。
そして何気にオッドアイ…つーより左目充血?

なにやらすごいことになってきてるような気がします。
前作よりさらにカオス3割増みたいな。
posted by まるひげ at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるもの | edit | web拍手

icon_45_b.gif出勤前の書店パト(リベンジ)。


今回は遅刻せずに定時に出社できました。
リベンジ成功。

で、本日の買い物メモ。
珍しく「週刊アスキー」を買ってみた。
自分、最近よく利用するフリーソフトが特集されてたんで、つい。
週刊のためか、本屋の棚には先週号と今週号が置いてました。親切だ。
実はこれ買うか、「日経PC」買うかですげぇ悩みました。
日経の方は、困った時のエクセル対処法とかパソコン整理術とかあって気になったんですが、
結局、趣味の方選んじまった。
これだから「あなたは仕事に対する認識が甘いようです」とか心理テストで言われるんだよな。
…わかってるよ。

もひとつはマムガを購入。

杉浦 志保『SILVER DIAMOND(13)』

自分が買ってる唯一少女マムガっぽいもの。
今回の表紙はおんにゃのこ3人組。
華やかだ…!!
でも実際はこの作品、レギュラー出演の女の子キャラは1人だけ。
ひとり…いや、正確には一匹?一頭??
しかし前巻が積ン読なのでまだ読めない。

どうでもよいことですが、
今日郵便局に行ったらお歳を召した方々が7〜8人くらいATMに並んでたんです。
一瞬、集団振り込め詐欺かと思っちゃいましたよ。
みんな60代後半〜70代くらいなんですもの。
ありゃあ時間かかっどー…。
1人あたり10分はカタイな。
posted by まるひげ at 01:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | edit | web拍手

2008-02-14

icon_45_b.gif「怪〜ayakashi〜化猫」を見たのですよ。


マムガ版読んだ後、続き気になってレンタしてみたのですよ。
何度か見て初めて分かるような演出とか効果とか結構あって目からウロコでした。
画面が明るい色の時はこの作品独特の和紙のテクスチャがよく分かるんですけど、
黒くなった時には思わずテレビ画面のゴミかと思っちゃったりして。

ストーリーの感想とかは今更感溢れるんで書きませんが、
これだけはひとこと言わせてください。


薬売りが無ッ駄にエッロいな!

いや〜、困るわ〜。
仕事中とかでも気を抜くと頭の裏ッ側に
小田島さまのケツアゴと薬売りの姿がぽわんと浮かび上がってくるのですよ。
薬売りの着物のモコモコ感があったかそうでちょっとうらやましく、
後ろ姿の帯の結び目が童女のようで可愛らしいと思います。
可愛らしいといえば、
小田島さまも可愛いですな。
マムガ版おまけの女体化小田島さま、違和感無いのが素晴らしい。

そしてこれ見ると



京極夏彦(著)『巷説百物語』

を、連想しちゃうんですよねぇ。
巷説好きな人はモノノ怪も大丈夫だと思うし
モノノ怪好きなひとは巷説も好きなんじゃないでしょうか。
作品の雰囲気は全然違うのになぁ。
どちらの作品も人の業がテーマで
それをあやかしというモノの形を媒体に暴いていくという展開が共通点でしょうね。
さらにオムニバスだし?
ということで、ちまちま再読してしまいましたよ『巷説〜』。
で、コレを読むと『嗤う伊右衛門』も読みたくなるという又市スパイラル(笑)。

はッ!
モノノ怪のこと言いたいのか巷説のこと言いたいのか
わからん日記になってしまった!
「どっちも好き」ってことで…えへ。

〜追記〜
よつべさんとこで
怪の方のED曲になってる「春のかたみ」フルバージョン聞いてみた。



えぇ曲だ…。
posted by まるひげ at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画、TV | edit | web拍手

2008-02-12

icon_45_b.gif『茶道太閤記』読了。


先日の3連休は結局1連休でしたが(それ連休じゃない)、
何故か今日がお休みです。
ということで、もうお昼も過ぎましたが今日一日は文化活動に勤しみたいと思います。

本題。
図書館で海音寺氏の他の作品探してた時にウッカリ手にとってパラッと見てみたら
(三成と小西が出てて)面白そうだったので。
しかしすでに絶版の様子。もったいない。

権勢並びない太閤秀吉に対しても「拙者は芸道に生きる者、いつの世までも名の残る者でござる」と高い誇りを持ち続けた男千利休。天正期の大坂城を舞台に、秀吉と利休の確執を初めとして、淀殿と北政所、秀吉の側室たち、利休の娘のお吟、石田三成や小西行長ら武将たちの繰り広げる苛烈な人間模様を描く(文庫より引用)。
海音寺 潮五郎(著)『茶道太閤記』

最近感想文がムダに長いので今回は短めに。

太閤秀吉と千宗易(利休)との確執を中心に、
佐々成政の黒百合事件に代表される、ねね派と淀君派の女の戦いや
キリシタン信仰問題をちょろっと絡めたお話です。
後半部分が駆け足かなと感じたのですが、それは解説で判明しました。
文化統制でしたのね。

テーマは「権力者 VS 文化人」。
こう書いてしまうと、どうしても権力者が悪役になってしまいがちですが、
この作品ですとそうとも言えません。
(まぁ確かに秀吉が権力に物言わせるところは多々あるのですがね…)
あくまでも両者の「対立関係」を描いた図式になってます。
秀吉の視点と宗易の視点の両方から語られるので、
それぞれが考え、行動していった結果がこう、という感じですね。

秀吉も宗易も、己が立場に縛られているという見方ができて面白いです。
それは言葉を変えれば「意地」とか「誇り」とかいうものなんでしょうけど。

そしてこの作品、解説を読むとより深みが増します。
海音寺氏は…烈士ですね。

以下に、読みどころチェックな感想文(結局は長くなるのね…)。


posted by まるひげ at 13:39 | Comment(0) | TrackBack(2) | 時代・歴史モノ | edit | web拍手

2008-02-11

icon_45_b.gif出勤前の書店パト。


そして遅刻。

2月は「本買うの自重する」と以前宣言したので
財布の紐も締まりがちです。
中身も大して入ってないんだけどねッ★
ということで、買ったのはコレのみ。

石神 茉莉(著)『人魚と提琴 玩具館綺譚』

前回買ったメフィスト賞作品が当たりだったんで、
調子に乗って今月の講談社ノベルスの新刊も衝動買い(自重はどうした)。
面白いと良いなぁ。


以下はチラッと見たけど多分買わないもの。

歴史街道 2008年 3月号

ふーん、今月は忠勝特集なんだ。


もっとすごい! このミステリーがすごい!

別冊宝島のムック。
過去20年間の「このミス」の総特集。
650円でこの内容は多分お買い得なんだろうね。


SFが読みたい!2008年度版

あー…、そういえばチェックすんの忘れてた。
1位はタイトルが物騒なあの作品ですか。
確か9.11やらソマリアやら、なんだか苦手方面が舞台になってたので
ちょっと敬遠してたんですよねぇ。近未来軍事モノでしたっけ。
1位か…そわり(←気になってきた)。
posted by まるひげ at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | edit | web拍手

2008-02-09

icon_45_b.gif『われ、謙信なりせば』読了。


この作品、上杉主従スキーにはハズせない1本ではないかと。

「あの二人が欲しい」慶長三年(一五九八)、太閣秀吉が没し、天下取りに王手をかけた徳川家康が呟いた。あの二人とは、故上杉謙信の跡を継ぐ上杉景勝と軍師直江兼続。家康が最も恐れた男たちである。が、家康が老獪に足場を固めつつあるとき、真っ向から対立してきたのがこの二人だった!“義”を重んずる謙信たらんとする景勝と兼続の超然たる生きざまを描く(文庫より引用)。
風野 真知雄(著)『われ、謙信なりせば』

「兼続なくして景勝なし、景勝なくして兼続なし」という雰囲気の2人ですが、
この作品では確実に後者ですね。
ここの上杉主従はなんとなく『密謀』の雰囲気と近いです。
景勝の意に反して、東軍を追撃することを強固に主張する兼続。
ここの兼続はハッキリと天下を意識し、景勝に「天下人になれ」と言います。
景勝の怒りを買い、それによって死ぬことになったとしても、
主君に天下を取ってほしいと願う兼続の必死の姿は胸に迫るものがあります。

景勝が義にこだわるところは、
やっぱり兼続同様、はがゆい気分を味わってしまいます。
ギーギー言ってる場合じゃないよ、景勝さま!
天下人にならなくても良いから、とりあえず家康だけはやっつけとけ、て言いたくなる。
会津討伐前夜から突如反転し、西へ向かう東軍を追撃するか否かの状況が
この作品のクライマックスですね。
景勝と兼続との義問答は緊迫感があって読みどころです。
兼続の思考とその結果導き出された結論は、なかなか説得力あるのではないかと。
自分にとってはすごく納得のいくものでしたね。

どんなに義を掲げても、戦さの実相は、
ほかのすべての戦さとなにひとつとしてちがわない(p..327〜328)


という見解は、まさにその通りだと思います。


以下、ちらっとネタバレな感想文です。
posted by まるひげ at 22:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | 時代・歴史モノ | edit | web拍手

2008-02-07

icon_45_b.gif『戦国繚乱』読了。


この作品も…どれも気が滅入るお話ばっかりだ!
でも前回読んだ『闇の松明』よりは切なさが多めに配分されてますね。

策謀蠢く戦国の世に、それでも自らの矜持を貫いた男たちを描く傑作小説集!黒田官兵衛の陰謀に散った九州の名門、城井一族の最期、キリシタン大名として知られる大友宗麟、知られざる父親との確執。生涯不犯を通して子を生さなかった上杉謙信の壮絶な跡目争い。もはや信じられるのは、おのれ一人なのか…(文庫より引用)。
高橋 直樹(著)『戦国繚乱』

逆らえない時代の流れに翻弄される人々の悲劇が鮮やかに描かれております。
それにしても、
高橋さんの作品は簡潔で力強く、的確な表現で明暗がはっきりとした
非常に男性的な文章だなぁという印象をいつも受けます。
今回の内容はお家断絶ネタが1つと家督争いネタが2つの計3本です。


以下、結構長くなったので畳みます。
そして読みづらいです。
お時間がある方のみご覧くださいませ(笑)。



posted by まるひげ at 02:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 時代・歴史モノ | edit | web拍手

icon_45_b.gif「つい出来心で…」


こんなん買ってしまったんだが。

PLAYSTATION3 デビルメイクライ4 プレミアムBDパック

パックで発売されるって知らなかったんだもん。
本体とソフトでちょっぴり安いんだもん。
プレミアムBDが気になったんだもん。

ということで。
噂に違わず重くてデカい図体のPS3が部屋に鎮座しておられます。
先程テレビに接続しようと思いまして
いそいそトリセツ見ながらごそごそやってましたら…

なに?

電源コードにはアース線つながないとダメですって??

アース…。





すまん、うちの部屋のアースは床から3mくらいの位置にあるんだよ。
限りなく天井に近いのですよ。
誰だ、そんな愉快な設計したやつは。
しかもホコリかぶりまくり湿気集めまくりの場所ときたよ。

つけなくても良いかなぁ…。
なんかググってみたら結構つけてない人も多いみたいだし。
トリセツ読んでるうちにお腹一杯になったので
今日はここまで(ぇえ)。
posted by まるひげ at 01:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | edit | web拍手

2008-02-05

icon_45_b.gif『異戦関ヶ原(六)天下燃ゆ』読了。




かっかっかっかっ…景勝さまがッ!!


加藤清正を味方につけ、西海道の兵を連れて佐和山城に帰還した石田三成であるが、徳川家康に水口城を落され、東海道との回廊を確保されてしまった。その家康は、三成を近江に封殺すべく、後背の脅威である上杉軍を除こうと、四天王の井伊直政、榊原康政らを北上させた。上杉景勝は、最上義光の抵抗と、向背定かならぬ伊達政宗の動きに苦戦を強いられていた(アマゾン・レビューより抜粋)。
中里 融司(著)『異戦関ヶ原(六)天下燃ゆ』

それにしてもこの表紙の兼続はそこはかとなく美川●一似ですね。
たぶん、口元?
「おだまり」てフキダシつけたくなります。

今まで出番なかった上杉主従。
お、やっと出番か!
とか楽しみにしてたんですが…。

思えば西方の関ヶ原周辺がバタバタしてる間、
北方ではにらみ合ったまんま膠着状態だったんですよね。
ここの景勝さまは傍に喋る人(兼続)がいないせいか、結構多めにお話してくれます。
しかし、兼続がムネたん引き入れに長谷堂行ってる間に景勝さまが大変なことに…。
愉快に忍法合戦なんかしてる場合じゃなかったよ兼続。

この巻はクライマックス直前ということで
家康&正信ペアの謀略を始め、
東軍に詰められつつある近江周辺やら
板挟み信幸兄の葛藤やら
九鬼父子の水軍対決やら、
見所はちょこらちょこらとあるのですが、
いかんせん、後半の奥羽戦に心持ってかれてしまうのでほとんど覚えてなかったり。
読んでから結構時間が経っているというのもありますけど…(小声)。

さて、次巻で最終巻となります。
いよいよ第二次関ヶ原。
2月中には読み終えるぞ。
posted by まるひげ at 01:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 時代・歴史モノ | edit | web拍手

2008-02-02

icon_45_b.gif2月最初の書店パト。


まずは購入が2つ。



活字倶楽部 2008冬号

これは1月に買い忘れたモノ。



五十嵐 匠(原作)/一坂 太郎(監修)/ユキムラ(画)『長州ファイブ(1)』

ユキムラさんの新作。
でもこのタイトルどっかで聞いたことあるなぁ…とか思いつつ購入。
原作が映像作品なのですね。
出版社が出版社なので(B's-LOG)、「え?」とか思ったんですが、
その筋ではないのでご安心を。
展開は早いんですが、いまいちよくわかりにくい…。
映画見たことないからそう思うのかもしれませんけど。
高杉がほんとに「高杉!」てキャラで(どんなだ)ちょと笑った。

以下は気になるモノ。


あさのあつこ(著)『ぬばたま』

山を舞台に、生者と死者の想いを描いたホラー風味の短編集。
ぱらっと読んでみたら面白そうなんですよ。
機会を見つけて読んでみよう。



諸口 正巳(著)『不死身のフジミさん―殺神鬼勧請』

最近ずっと読んでない(すいません)諸口さんの新刊。
くたびれた事務職のオッサンが主人公で、実は神殺しの能力を持っていて
平凡な生活から突然、運命の坩堝に投げ込まれるというアクションホラー(B級)。
うわ、面白そうだ。
相変わらずツボを突いてきなさる。
つーか、ジグザグノベル、最近見ないなぁと思ったら廃刊でしたか…。
posted by まるひげ at 23:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 本ネタ | edit | web拍手

2008-02-01

icon_45_b.gifでかチロル。


久しぶりに行ったビレッジバンガードで見つけて即買い。

「ビッグチロル(コーヒーヌガー)」

通常サイズのが20コ入って210円。
多分、+10円は箱代。
え?違う?
あ、そうか消費税ね。

昔は好きじゃなかったんですよ、コーヒーヌガー入りのチロル。
最近ヤケに食べたくて仕方ないです。
貧乏くさくちまちま食べるよ。
posted by まるひげ at 00:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | edit | web拍手
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。